ごきげんようチャンネル

科学とは、正確に驚くことである。 Y.M.
           

<< 「影」としての言語 その1 | main | 「影」としての言語 その3 >>
「影」としての言語 その2
日本語で「かげ」というとき、陰った部分のかたちというだけでなく、ものの気配や一瞬の姿だったり(人影)、心に浮かんだ像のことだったりもする(面影)。

つまり、日本語の「かげ」は、「陰り shadow」だけでなく、「像 image」の意味をふくんでいる。



「かげ」(像)は、見えるもののかたちが変形したり、見えないものが仮のかたちをとったものであるから、もとのものとは違うかたちになることもあるし、そもそも、どんなかたちでもかまわない場合さえあるわけである。


「かげ」は、もとのものの代理でありながら、自由に形態を変化させることができる。





言語は、この「かげ」の原理の産物である。









(つづく)








 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 言語の資本論を書く | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3656
#誰が書いてるの?
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック