ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 人類をつくった”ヨコからの言語過程”  翻訳のパワーについて おわり | main | 個性は環境によって流動する 海外在住者の実感 >>
男の胸の谷間は、いったいどうなのだ?
胸の谷間は男にもあるが、老齢に近づくとともに筋肉が落ちて、谷間は浅くなるものだ。

引退した力士とか、鎌倉時代の彫刻なんかにあるように、あごの下のあばら骨が見えてくる。

近年、私もそれに近くなっきた。

とくに不便があるわけでもないが、胸の谷間の喪失は老衰?のシンボルのような気もしていた。

そこに、うまい方法を発見。



スポーツ用品店で売っている運動用のゴムチューブ(一本1000円くらい)を使うのである。

平べったいスルメタイプと、丸い水道管タイプがある。

使いやすい長さに切って身体の好きなところにまきつける。じっとしていてもいいし、歩いてもいい。気が向いたら足で広げたり、手で引っ張ったりする。



私のように、座って仕事する時間が長い、スポーツクラブなどに行きにくい、お金もかけられない、といった場合でも、これなら簡単にできる。

薄いタイプなら、衣服の下に隠すことも可能。

長時間やっても疲れないし、内筋が静かに鍛えられる感じがする。



エキスパンダーのように引っ張ると、胸の谷間にも刺激が。なかなか気持ちがいい。肩こりにも効きそうだ。



といっても、やりはじめてから二週間くらいしかたっていない。

この方法で、どこがどうなるか。ちょっと様子を見てみようと思う。
















| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 男のダイエット | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3573
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック