ごきげんようチャンネル




そらになる心は春の霞にて よにあらじとも 思ひたつかな

西行



<< この本は買うな! 東大の『教養英語読本』を切る その3 | main | 安倍晋三の軍事力アピール 歴史音痴の歌を聞かされる地球 >>
この本は買うな! 東大の『教養英語読本』を切る その4
「直訳」法に欠けているのは、外国語が成立する過程の体験である。
外国語は、日本語とは異なる過程を経て表現に至る。
ところが、英文をみながら単語をひとつずつ直訳するとき、すでに読者は、混沌とした日本語の世界にひたっている。
その混沌を整理し、通じる日本語へと修正するプロセスで、たしかに、ある意味がひらめくことがある。
そのとき、読者の目は英文を見ているし、頭では習った文法を駆使してもいるだろう。結果として、英文が意味するところを正しく理解している場合も多いだろう。
それでも、ここには問題がある。
直訳の混沌から「意味がわかった」というのは、英文の意味が直接「わかった」のではない、ということである。
直訳からはじめるというのは、意味不明瞭の日本語(直訳)を「解釈」の対象にして、その結果、「意味がわかった」のであるから、直接には日本語が「わかった」のである。
私は、「ぜったい直訳をしてはいけない」と言っているのではない。そうではなく、「直訳とは何かを理解しておく必要がある」と言っているのだ。
「まず、直訳すると、こうなるね。」
授業のなかで、教師がそういう説明をしたくなるのは理解できるし、これはときに有効な説明方法でもあろう。
しかし、直訳からはじめる読解は、じつは英文が直接わかったのではない。それは直訳、すなわち一種の日本語がわかったのである。
それは、外国語のプロセスを体験したのではなく、混沌とした日本語が、整序された日本語へと修正される、そのプロセスを体験したのである。
(つづく)
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | この本は買うな!見かけ倒し本を切る | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3494
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック