ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


<< 祖国と戦場の遠い距離 <戦争という当然>について その3 | main | 橋下大阪市長の<従軍慰安婦>発言 事実を知らない人間がいかに愚かになりうるか >>
祖国と戦場の遠い距離 <戦争という当然>について おわり
私の講義をうけた大学4年生が、次の言葉を答案に書いたことがある。



<当然のことに気づかせるために、歴史はくりかえしている>



最後に、映画「父親たちの星条旗」から、次のナレーションを紹介しておく。




”Heroes are something we create, something we need.”



"If we wish to truly honor these men we should remember them the way they really were."











(おわり)











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 靖国神社 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3479
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック