ごきげんようチャンネル

あなたがたは、終わりの時にいるのに、なお宝をたくわえている。
        ヤコブの手紙 5:3    

<< キリスト教は茶道である その6 | main | 人間は、60歳でいったん終わるのだ >>
キリスト教は茶道である おわり
本書の頂点は、「侘び」とは命の愛惜(あいせき)であるという主旨の、次の文にある。


「花は人の一生を表している。…文句も言わずにありのままの形で精一杯美しく咲いているのである。

私たち人間も、やがては死んで灰になってしまう、はかないものである。

その、刻々と変化していくいのちの貴さ、生への執着。

捨てなければならないほどの執着。

それを利休は『侘び』という言葉で表した。」111-112頁。



宗教とは、無償で与えられた生命への感謝と愛惜の、美的な表現である。

そう思えば、


「茶の湯とは、火をおこし、湯を沸かし、ただ茶を点てることである」(利休)65頁


という言葉もわかってくる気がする。











(おわり)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | イエスの虚像 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3421
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
  • 五木寛之氏の「暗愁」
    Yasuyuki Koyanagi (03/31)
  • 同時通訳・達人のつぶやき 「道遠し」問題について その1
    ぽっこり (11/07)
  • この本は買うな! 東大の『教養英語読本』を切る おわり
    雪 (04/24)
  • <言葉>や<心>は社会行為であって、脳の産物ではない  生成文法という現代病について
    YAGURUMA"剣之助" (12/29)
  • ソシュールの「恣意性」徹底批判 補遺  池上嘉彦氏の指摘から その4
    YAGURUMA"剣之助" (12/13)
  • ソシュールの「恣意性」徹底批判 補遺  池上嘉彦氏の指摘から おわり
    みうら (12/13)
  • ソシュールの「恣意性」徹底批判 補遺  池上嘉彦氏の指摘から おわり
    YAGURUMA"剣之助" (12/13)
  • ソシュールの「恣意性」徹底批判 おわり
    YAGURUMA"剣之助" (12/12)
  • 森鴎外「かのように」から
    一市民 (12/05)
  • government of the people, by the people, for the people - ゲティスバーグ演説の意味について おわり
    小林 宏 (12/05)
#トラックバック