ごきげんようチャンネル

"Life is too short to wake up with regrets." author unknown
           

<< キリスト教は茶道である その5 | main | キリスト教は茶道である おわり >>
キリスト教は茶道である その6
なぜ、これほどまでに茶道とキリスト教には共通点があるのか。

日本にキリスト教がやってきたころ、宣教師たちが堺を拠点に全国を行き来した。彼らの立派な立ち居振る舞い、人格と教養に、信長も感心したという。41頁。

その宣教師たちは、教会堂に茶室を設けて要人を接待した。34頁。

そして利休の七人の高弟のうち、五人がキリシタンであった。「彼はキリシタンに囲まれ、おおいなる影響をうけて侘び茶の研鑽を積み、完成に至ったことになる」28、42頁

茶道とキリスト教の関係をこのように洞察してくると、

「茶の湯の精神は禅宗にのみある」

という通念は、「400年間の迷信」であると著者はいう。42頁。

そのような 「迷信」が広まった原因は、迫害によって、キリスト教の日本文化への影響を示す資料が徹底的に隠され、多くが消されたからである。

「人々は、キリシタンとの関わりの痕跡を跡形もなく消し去った」27頁

のであった。








(つづく)










| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | イエスの虚像 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3420
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック