ごきげんようチャンネル

"Life is too short to wake up with regrets." author unknown
           

<< トランスグラマーは構造主義と現象学を含んでいる その4 | main | 必見! 宇宙の花火 >>
トランスグラマーは構造主義と現象学を含んでいる おわり

「企投」は、私の言葉でいえば<越境 TRANS>である。

 

<越境 TRANS>とは、ルールを足場にしながら、そこからの跳躍を試みることであり、どこかの瞬間で、あるものから他のものへの変質が敢行される。

 

現象学がおそらく見落としているのは、言語の「構造」じたいに企投の親概念ともいうべき<越境 TRANS>が埋め込まれているという事実である。

 

すなわち<越境 TRANS> には二種あり、 

 

 

 言語の一般的TRANS 誰であれ言語で語るときは概念を語彙にし、語彙を品詞にし文を生成する。そこでは多重の変質を敢行せざるをえない。こちらは構造主義的な視点からの<越境>である。

 

 企投という個人的TRANS ,鯤面未らいうと、つねになんらかの「個人」が発するものである言語表現は、他者とのゲームのルール変更あるいは目的変更の可能性をはらむ冒険とならざるをえない。現象学が強調する「企投」とは、こちらの意味の<越境>である。

 

 

どちらの意味においても、言語は<越境 TRANS>を媒介として成立する。

 

ここから、言語に関する私の理論を<トランスグラマー TransGrammar>と名づけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

(おわり)

 

 

 

 

 

 

追記:上記の記事は、数年前に私が書いたものですが、今読んでも面白いと思ったので再掲しました。今思えば、現象学は構造主義的な発想を、構造主義は現象学的な発想を、とりいれれば良かったのでしょうが、それぞれ関心の対象が違うために、そうはいかなかったようです。私の観点からすれば、現象学は個人の認識・表現のレベルを探求し、構造主義は社会の概念のレベルを探求したと考えられます。じっさい、人の観念連関は、認識・表現のレベルと概念のレベルがカップリングされているのですが、現象学と構造主義は互いに「越境 TRANS」しあうことができませんでした。現象学と構造主義に限らず、哲学や心理学は、人がおこなう観念連関のなかの一部を探求してきました。私としては、英語を素材にした「トランスグラマーTransGrammar」を記述することで、言語を代表とする人の観念連関の規範を具体的に記述してみたいと思っています。TransGrammarは、英語人の思考の形式・規範の記述にすぎませんが、「哲学の哲学」とでもいうべき大枠を示唆することはできると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | トランスグラマー 希望の文法へ | 07:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
 構造主義に対する批判は、三浦つとむ『マルクス主義の復元』で本質的な批判が行われています。■
| YAGURUMA"剣之助" | 2012/09/17 7:12 PM |
 言語表現について
 三浦つとむは、『言語過程説の展開 選集3』で語彙とは対象の普遍性を概念として抽象し捉えたものであり、文はこの語彙を共同規範である文法に則り、対象の特殊性の認識を表現したものとしております。この、語彙という超感性的な概念を使用し、これを文法という普遍意志に発展した共同規範により運用するところに言語表現の本質を見ています。
 助詞「が」と「は」の意味、使い分けについても『日本語の文法』で展開しております。又、『認識と言語の理論3』、『記号学と言語学』でも言語規範について論じていますので是非参照下さい。■
| YAGURUMA"剣之助" | 2012/09/17 7:09 PM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/3067
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック