ごきげんようチャンネル



春ごとの花に心をなぐさめて 六十(むそぢ)あまりの年を経にける


西行

<< 歴史は意志の表明によって区切られる  | main | 「じつは一年前に勝負はついていた」 無印良品・松井忠三氏の"歴史観" >>
世界史の成立と西欧の手袋

福島礼子『わたしの手袋博物館』(暮しの手帖社、2005年

手の表現力を変化させる。それがファッションとしての手袋の役割である。人体でもっとも表現力があるのは目と手だと、養老猛氏がどこかで書いていた。

著者によると、18世紀の末、フランス革命以降に西洋女性の服装は変化した。

革命による女性の解放。そしてアジアの植民地からもたらされた薄い木綿。このふたつが合体して、半袖・ハイウエストの軽やかなドレスが登場した。そのため、手の周辺をおおう手袋が重視されるようになった。23頁

アジアの新素材が西欧のファッションを変えた。ファッションは世界史の象徴なのだ。

 

 

...

 


本書が紹介する名品のなかでも、私が注目したは、忠臣蔵の大石内蔵助の嫡男で、討ち入りに参加し16歳で切腹した大石主税(おおいし・ちから)の革手袋(泉岳寺蔵)。

ちょっと子どもっぽいずんぐりした形。そこに元気のいいトンボの模様が描かれている。俊敏なトンボは「勝虫」とよばれ、武士が好んだ図柄であった。討ち入りに使った本物だろう。
 

 







 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/278
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック