ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< スターバックスのcore value 場、商品、人、頭脳 | main | 悪所の発生と消滅とリニューアルについて その1 >>
やっぱりrとlは難関 
しばらく前の新聞にアメリカ特派員の嘆き?が書いてあった。

シカゴの近くのMerrillville という町に行こうとして道をたずねたところ、発音のせいで通じなかったという。

「苦手なrとlがてんこ盛りだからである。大嫌いなvも入っている」

これは一例にすぎず、地名の発音で「何度泣かされたことか」と書いている。(『朝日新聞』2011年4月7日「特派員メモ」)

私もアメリカにいたころ squirrel(リス)の発音がむずかしくて現地の人に何度も発音を直してもらったことがある。教えてくれた彼は「ちょっと違うけど、まあそんなところだよ」とあきらめ顔だった。

vanilla(バニラ), thermos(魔法瓶)も発音が難しく、店員の前で緊張した。

いちばんひどいのはcamera(カメラ)が通じなかったことだった。そこは電気製品売り場で、見れば店員の目の前にカメラがあった。

名古屋の名門N大学のアメリカ史の教員と話したとき、彼はアメリカ留学時代にequilibrium(力の均衡)という国際政治の必須単語の発音に自信がもてず、ゼミでの発言に躊躇したことがあるとのことだった。

「通じないかもしれない」という不安は外国語を話すときの態度に根本的な影響を与える。

発音の問題を解明できた今ではそういう不安はなくなったが、英語を話そうとする以上、こういう根本的な問題は一日も早くみんながクリアできるようにしたいものだ。

















| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語の発音 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/2606
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック