ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


<< 毛沢東「実践論」と言語過程説 | main | デカルトと般若心経 その1 >>
「感動する」は "be inspired" がいい

「感動する」というのはbe moved でも通じるけれど、活き活きしたニュアンスがあるのは、

be inspired

だろう。「彼の演説に感動した」なら、

I was really inspired by his speech.

inspireはラテン語でin(中へ)+spire(呼吸する)→<吹き込む/吸い込む>が原意。spireはspiritと同根で、呼吸→生命・勇気を意味する。

つまり、be inspired は「息を吹き込まれて命を新たにした」ということだ。

創世記のアダムとイブの話に、

「神は土のちりで人を造り、鼻に命の息を吹き込んだ。そこで人は生きた魂ある者となった。And the Lord God formed man out of the mud of the ground and breathed into his nostrils the Breath of Life and man became a living soul.」

とあるが、ここで「命の息を吹き込む breathe into his nostrils the Breath of Life 」というのがinspireの原イメージに近いかもしれない。

日本語で「胸がふくらむ」というのに似て、inspireには「希望をもつ」という未来志向のニュアンスがある。

そして呼吸は一回では足りず、つねに新たな空気を吸わないといけない。それと同じで、人はたえずinspire(感動)されていないとほんとうに生きていることにはならない。




| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英会話 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/2223
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック