ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< 概念から認識への新ルート それがトランス・グラマーだ | main | 自己紹介に "I am Taro. " は、なぜおかしいか >>
コロンは「すなわち」、セミコロンは「ところが」 使い分け方のメモ

コロン:とセミコロン;をどう使い分けるか。

これはわかりにくいし、説明もあまり見かけないのでメモしておく。



■colon(コロン)[:]は、「すなわち」(that is, namely)という感じで、同じ対象について違う言い方をしたいときに使う。

 

同じことを短くいいかえるだけなので、コロンはピリオドで代用することはできない。

 

たとえば、



He lived for only one thing: money.

 

これを

 

He lived for only one thing. Money.

 

では意味をなさない。



同様の原則で、次のような用例も理解できる。



Mary: I failed in the exam.
Bob: Sorry to hear that.   (セリフの前)
 


Ladies and gentlemen: (あいさつの冒頭)
 


Dear Sirs:  (手紙の冒頭)
 


他に



The clock showed 8:15 AM.  (時間と分。「八時なのだが、詳しくいうとその15分」)
 

 

 

 



■semicolon(セミコロン)[;]は、あることを言ったあと、別のことについて、「それに対してこちらは…」という意味で対称させるときにつかう。

 

We are never deceived; we deceive ourselves. (Goethe)  「われわれはけっして騙されるのではない。みずからをあざむくだけだ」(ゲーテ)… 強く前後を対称させながらつなげている。

 

 

セミコロンは、互いに独立した内容をつなげるものなので、ピリオドにして、別の文にすることもできる。

 

 

She liked him; he was kind to her; he was rich. (ピリオドにするとニュアンスは変わるが、意味は通じる)

 

 

セミコロンの重要な用法は、consequently,  furthemore, nevertheless, however, also, besides, moreover, otherwise, hence, then, thus のような「接続副詞」の前に置いて、前後を切断しつつ接続する書き方である。

 


He graduated; however, he was unable to get any job. 
 

 

 

 

 

 


簡単には、: (コロン)は「すなわち」(=)、;(セミコロン)は「ところが」(⇔)と覚えておくといい。また、コロンのほうが使用頻度が高く、セミコロンはそうしょっちゅう使われるわけではないことも、覚えておくと役立つだろう。
 

なお、タイピングでは、コロンもセミコロンも、その後を 1スペースあける決まりになっている。

 

 

 


(以上、原田敬一『英語句読法の知識と使い方』南雲堂、1985年、41-48頁を参考にした)

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 



 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/2175
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック