ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< 鳥越俊太郎は五木寛之である | main | 「論理的思考力」とは必然性の探究である >>
"My wife is very short. "は "My life is weary 'n short. "である。

アメリカでは、どんな英語発音の教科書がよく使われているのかと調べてみると、

Lisa Mojsin, Mastering the American Accent, Barron's, 2009

などは評判がいいらしい。

さっそく取り寄せてみたが、多くの外国人の発音を直した著者の経験が生かしてあって、読んでおもしろい本になっている。

つづりのrに読み方が二通りあることに気づいていないなど、古い音声学そのままのところもあるが、ちょっとおもしろかったのが/w/の話。

なんと、外国人が発音すると/l/が/w/に、/w/が/v/に聞こえることがあるというのだ。

口を丸めて/l/を言うと/w/みたいだし、/w/を言ったつもりが上歯を下唇にあてて言うと/v/のように聞こえるから注意するように、という。

"Don't round your lips when you are saying the /l/sound. This will weaken it and make it sound more like a /w/.  "  p.50

"Many non-native speakers confuse the /v/ and the /w/ sound. To avoid this mistake, make sure your bottom lip is not touching your upper teeth when you are saying the /w/." p.56

すると、life といったつもりが wife に聞こえたり、very が weary に似て聞こえたりするということなのだろうか。

よくよく、外国語の発音にはご用心。


| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語の発音 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/2038
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック