ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


<< カタカナ流の英語発音は「訓読」である その1 | main | 本当に「ジャパニーズ・イングリッシュ」でいいのか?(再掲)   その1 >>
カタカナ流の英語発音は「訓読」である おわり

もうひとつ、本書には耳の痛いことが書かれている。

「中国語で書かれた詩や文章を読み下す、つまり訓読するために、日本人は長い時間をかけてその技に磨きをかけてきました。

日本人が中国語の音韻に通じることなく中国の古典が読めるのは驚くべきことです。しかし、中国語の詩文を性質のちがう文体で読み下そうとするために、原文のリズムが抜けおちてしまうのです。

ですから本格的に中国の詩文を学ぼうとする方は、やはり中国音で読んでほしいと思うのです。」(vi頁より要約)

日本人の英語もしかりである。

英語をカタカナ流で読むのは英語の「訓読」である。それでも英語が「読める」のは「驚くべき」技である。

しかし、それでは「原文のリズムが抜けおちてしまう」。

訓読した漢詩文は、もはや中国語ではない。だから日本人にも意味がわかる。

同様に、カタカナ流で「訓読」した英語は英語ではない。それが通じているようにみえるのは相手がすぐれているからであって、自分の力ではない。






(おわり)








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語の発音 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/1921
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック