ごきげんようチャンネル

Today is over with a million tears

Still everyone has a wish to live  


"Summer Snow"


<< 「集合的無意識」を見つけて展開すれば、ヒットが生まれる | main | 連関の論理によって、事物は分裂と再統一をくりかえす >>
ブラックホールとしての英文和訳 「ヘボンの呪縛」について

気になっていた一枚の漫画がある。

 



「ヘボンさん!みつけましたよ!みつけました!」

「何をです?」

「『でしょう』『ましょう』の”ショウ”というのが動詞の未来形なんだ!!」

熱心に日本語を研究していたブラウン博士がそう叫ぶと、

「茶ノ間、江ノ島の”ノ”は所有のof だろうね。」

とヘボン博士が応じる。

 

 


そういう漫画だ。(杉田愛子『ヘボン博士の愛した日本』いのちのことば社、1999年、67頁)

 


本当にこんな風に二人が日本語を理解していったのかどうか、私は知らない。しかし、”ショウ”が動詞の未来形で、”ノ”がof だという推測は、いかにもありそうなことだ。

じっさい、ヘボン博士たちが未知の言語・日本語を理解しようとすれば、こんな風に「これは自分の言語のどれにあたるか?」と考えるしか方法はなかっただろう。しかし、ほんとうにショウは未来形でノはof だろうか?

 

この漫画のヘボン博士たちは、日本語のなかに、自分が理解できる概念つまり英語の要素を探し求め、それで日本語を理解したつもりになっている。

実は、明治以降の日本人も、英語について同じことをしたのだ。

英語の単語に決まった日本語をあてはめ、辞書や単語帳で普及させる。英語学習者はそれを覚え、あとは「主語」とか「目的語」とか、意味のつながりを暗示する文法用語を頼りに、「は」「を」などの助詞をつけて意味のつながりを推測し、全体を日本語に変換する。

これが「訳読法」とか「英文和訳」といわれる英語学習法である。

この方法をよく観察すると、出発点こそ英語だが、あとはもっぱら日本語の操作に終始していることに気づく。「英文和訳」とは、できるだけ英語に向き合わずに、英語の意味を日本語で理解する方法なのだ

ブラウン博士とヘボン博士の漫画は、そういう日本の英語学習史を、英語の側から照らし出している。

これを「ヘボンの呪縛」と呼ぶとすれば、日本ではつねに「ヘボンの呪縛」がつきまとってきた。

ヘボンの呪縛にとらわれると、英語をやっているようにみえて、われわれは永久に日本語の世界に閉じ込められる。まるでブラックホールのように。

じつは、この呪縛を解く方法がある。

その方法を普及させる仕組みが、まだない。

 

 

 

 

 

 

 

 







 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 日本に英語はない | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/1615
#誰が書いてるの?
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック