ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 文学も学問もしっかりしないと おわり | main | ジュエリーの極意  おわり >>
ジュエリーの極意  その1
いまのところ私はジュエリーに縁がないけれど、興味はある。

宮坂敦子『ジュエリーの基本ブック』(誠文堂新光社、2008年)

という本をのぞのきこんでみたら、ちょっと感心したことが。

■「宝石」と呼ばれる条件は三つある。<美しさ、耐久性、そして希少性>。当然のようだが、とくに耐久性と希少性が価値の源泉になることに感心した。「少々のことで傷つくのでは宝石として失格です」「産出量が限られ、手に入りづらいものでなくては宝石ではありません。」108頁。

考えてみれば、人間もこうでなくちゃね。<美しさ、耐久性、希少性>だ。

■どういう宝石が「美しい」のか? これも三つある。<色、透明度、光沢>。この三つに共通する美しさの条件が意外。それは「その宝石の本来の色、透明度、光沢が出ていること」109頁。

人間もこうでなくっちゃ。その人本来の<色、透明度、光沢>が出ているとき、それは「美しい人」なのだ。

■宝石がカットしてあるのは誰でも知っているが、ほかに加工は? じつは宝石にはカット以外の人工処理がいろいろとほどこされている。熱処理(色が変わる)、放射線放射(色が変わる)、染色(色が変わる)、含浸(ワックスや樹脂を浸透させる。透明度、光沢、耐久性を高める)、充填(オイルや樹脂で傷を埋める)。119頁。

人工処理というとズルいようだが、人間だって生まれただけで完成するわけではない。多くの加工をほどこしてはじめて一人前だ。





(つづく)






| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 男のファッション | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/1607
#誰が書いてるの?
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック