ごきげんようチャンネル

鳥倦飛而知還 鳥 飛ぶに倦みて 還るを知る


陶淵明・歸去來兮辭


<< ここでもまた「最初の一撃」問題 ガザ空爆はイスラエルの謀略 | main | 小澤征爾 獅子舞で世界に舞った男 >>
「男のダイエット」年次報告
年末恒例?のダイエット自己申告。

え〜〜、まず成果としては。お腹が年相応?にポッコリしていたのが、この1年ほどでほぼなくなりました。

とくに今年後半、水を変えてからぐんぐんお腹が小さくなった。

「太った人」という印象がなくなったと、他人にも言われるようになったし、立っているのが楽になり、疲れにくくなりました。

この間に試した方法について。

・コッコアポは便通を良くするし、ダイエットのきっかけづくりには良い。しかし長期的には効かなくなるようだ。浄水ポットを使ってきれいな水をゴクゴク飲むほうが、自然にお腹をすっきりさせてくれる。私はもうコッコアポは飲んでいない。

・朝食はバナナとかパンとか試したけれどお腹がすっきりしない。いちばんいいのは納豆。栄養的にもすぐれているしお腹にもしっくりくる。イチオシだ。

・食事は腹七分目くらいに。とくに夕食は六分目くらいで和食が効果的。慣れるとたくさん食べたいと思わなくなるから不思議。胃が小さくなる?のかも。

・牛乳はやめた。清涼飲料はすべてNG。日本茶もお腹にたまる感じがしてあまり好きではない。コーヒーはやめてもいいと思うが気分を高めるために飲んでいる。けっきょく水がいちばんうまいと思う。

・チョコレートはいいようだ。太るという印象があるが、私の場合そういうことはない。むしろ身体がすっきりするし、糖分補給にぴったりだ。

・エクササイズバンド(スポーツ店で売っている太いゴムバンド)で机で作業しながら足や腕を引きつければ、ジムに行かなくても加齢にともなう筋肉の衰えはそうとう防ぐことができる。ウエイトトレーニング系とちがって内筋が刺激でき、太らない。

・何ももたずウオーキングをするのはとても良い。全身が整う感じがする。横隔膜をもちあげ20分以上を目安にすたすた歩くと、すっきり状態をお腹が学習してくれる。

・ストレッチは体調を整えるのに素晴らしい効果がある。朝10分くらいかけてじっくり伸ばすと午後まで全身が気持ちよい。疲れにくくもなる。

・ストレッチポールは床にポールを置きその上に注意して寝転がるという手順がめんどうで、やめてしまった。寝床に直接ポールを敷く方法で再開しようと思っている。

・就寝前のローソク座禅(部屋を暗くして5分くらいローソクの火を見つめる)は、心が落ち着き安眠するのにとてもよい。ただし、その一時間以上前から就寝の気持ちに入っていないとやる気がなくなるので、夜10時半には風呂に入るように心がけている。

・風邪の予防に外出先でも手洗い・うがい・歯磨きを一日数回。携帯用歯磨きセットを鞄に入れてある。寝るときは頭をキャップで暖め、首にネックウオーマーを巻き、口にマスクをして喉を守っている。まるでドロボーが寝ているみたいだが。加湿器で部屋の湿度を上げるとさらに良い。

・寒さ対策に靴下は二枚重ねる。首にネックウオーマーをする。下半身にはタイツ。タイツは足首まである長いものは動きにくい。膝上までの短いもので十分暖かい。年をとったら痩せ我慢せず、人体の細い部分にはちゃんと布をあてて体温の発散を防ぐべし。



こうやって書き出すと、けっこういろいろやっている。

お腹まわりを中心に成果があったといえるが、脇腹がたるんでいるので、そこが課題。

かなり脂肪が減ったが、それだけなら痩せただけ。今後は運動系をとりいれて引き締まった筋肉をめざそうと思う。




| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 男のダイエット | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/1500
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック