ごきげんようチャンネル

鳥倦飛而知還 鳥 飛ぶに倦みて 還るを知る


陶淵明・歸去來兮辭


<< ガザ空爆 イスラエルの暴挙には先例があった | main | ここでもまた「最初の一撃」問題 ガザ空爆はイスラエルの謀略 >>
うちの庭木にシャネルがいた
今年ももうすぐ終わり。

天気がいいので庭の木を切った。

葉や枝を取り払うと、その木の良さがどんどん現れてくるような気がした。

洗練とは削り落すことであって、ぜったいに付け加えてはいけないと言ったのはシャネルだ。

素材を良く知り、その良さがわかりやすいようにする。それがデザイナーの仕事。

モノの本当の良さをすんなりと見せるには技術がいるな。

ウチの庭木とシャネルの深いカンケー…

なんちゃって。




| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 人はアートする動物である | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/1497
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック