ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


<< 外国語に感動がなくなる理由  外国語は体現芸術である おわり | main | 自然体の社会変革は可能か その1 >>
認知文法の中途半端
ジョン・R・テイラー/瀬戸賢一『認知文法のエッセンス』(大修館書店、2008年)。

認知心理学をベースにした認知言語学、とくに認知文法を概説した最新本。

「言語とは何か? 言語とは、思考をシンボル化して意思伝達を行おうとするときに私たちに与えられた素材の総体である。」19頁。

言語を「素材」と表現しているところに、たんなる記述文法(規範文法)ではなく人間の主体的営みとして言語を分析しようとする態度が感じられる。

第二言語習得研究といい、認知文法といい、いわゆる「学問」的な言語研究の特徴は、言葉を言葉でいいかえることに終始するところにあると、私は考えてきた。

認知文法は、たんなる客観的分析ではなく、人間の認知活動=主体的活動として言語をとらえるという視角を強調しているようだ。

しかし、私の目から見れば、認知文法もまた従来型言語学の一種である。

「認知文法の研究対象は、音韻構造と意味構造とシンボル構造である。シンボル構造は音韻構造と意味構造を結んでひとつにする。それゆえ、認知文法の関心の中心はシンボル構造を記述することである。」37頁。

認知文法の目標は「記述すること」すなわち言語を言語で「言いかえる」ことである。そこに人間の姿は、やはり現れない。

このことは、本書のほかの部分からもうかがえる。

「認知言語学は、言語…についての認知論的に妥当な説明をめざす。」5頁。

「言語認知は心に宿り、言語学の目的はその能力を記述することにある。」6頁。

「説明」や「記述」が悪いのではない。それは「何が起こっているか」を言葉で解説してくれる貴重な情報だ。ただ、解説を聞いて、初歩から自分でできるようになる人は少ない。

「解説者、現役の時なぜやらん」

という川柳があった。

バットやグローブの使い方、選手のプレーの勘どころを言葉で解説されたら、おもしろみがいっそうわかるかもしれない。なにかの法則性が発見できるかもしれない。

しかし、それで野球はできない。












| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 怪しい認知言語学 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/1284
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック