ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


<< 言語はいかにして現実から独立したか 言語と映画 その6 | main | 冷戦終結と英語帝国主義の溶解 「グロービッシュ」の拡大について >>
言語はいかにして現実から独立したか 言語と映画 おわり
映画が人間の思考そのものであるとするなら、その思考はどういう言語で語られるのか。

著者は、それは「感情言語」であり、しかもその作品でしか使用されない「外国語」であるという。63、50頁

撮影された映像の山は何かの外国語を語っている。それがどういう言語であり、何を語っているのか、編集者はまずそれを注意深く聞きとらねばならない。

そのため、撮影されたフィルムと対話を重ねる。何度もフィルムを見直しては語りかける。フィルムとダンスをするかのように。土を耕して活気を与えるかのように。63、67頁。

それができたら、映画編集者はその外国語が観客にわかるように加工する。

たとえば、主要なシーンを集めたスチル写真のパネルを作り、それを見ながらシークエンスを考える。このときスチル写真は映画という「言語の象形文字」なのだ。50頁。

登場人物は音声でセリフを語る。その裏で、映画の思考を表現する言葉が画像という「象形文字」で書かれている。

言語は映像よりもリニアな表現だから、たとえば英語なら、単語のセリフの合間=ゼロ記号=瞬きの演出=を利用して、ある<形>が書かれている(文型)。

いいかえると、英語を話す人は、個々のセリフ(単語)をつかって、ある形を描きながら思考を表現するのだ。あたかもキャンバスに書きつけた文(音→字の列)でモナリザを描くように。

このモナリザは、もはや現実のモナリザではなく、現実のモナリザを反映しながらもキャンバス上で独立した一個の表現である。

だが、このキャンバス上のモナリザは見えにくい。

茂木健一郎氏のいう「アハ!体験」が必要だ。

http://www.sony.jp/ahap/

英語の文型を表現するWing Icons(サウンド・ステップスの姉妹編)は、この見えにくいモナリザを「アハ!」と可視化する技術である。






(おわり)







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 映画の英語 | 10:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
本を買っていただき、ありがとうございます。発音の感じをつかむために手を動かすのは昔から人間がやってきたことでしょう。フランス語の発音に手を使っているのは私も見たことがあります。サウンド・ステップスはあれの体系的なもので、発音記号を活用しています。
| みうら | 2010/12/04 6:45 PM |
サウンドステップスの本を購入しました。
驚いたことに、手をつかって、発音を
教えている人もいました。
ご存知とおもいますが、NHKでやっています。
この場合は、フランス語です。
同様に、韓国語や中国語もありそうですね。
| 三井慎介 | 2010/12/04 9:28 AM |









http://soundsteps.jugem.jp/trackback/1272
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック