ごきげんようチャンネル

 魚、水を行くに、行けども際なし  道元『正法眼蔵』



アメリカで銃規制が困難な理由 

アメリカで普通の市民が銃を保持できる根拠になっているのは合衆国憲法修正第二条であるが、その文言が玉虫色であることが問題を紛糾させる一因になっている。

 

 

http://www.npr.org/2013/01/07/168834462/the-2nd-amendment-27-words-endless-interpretations

 

 

その文言とは、次の通りである。

 

 

 

 

修正第2条[武器保有権] [1791 年成立]

 

規律ある民兵団は、自由な国家の安全にとって必要であり、国民が武器を保有し携行する権利は、 侵してはならない。

 

Amendment II

A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.

 

 

 

この条文は、文の前半と後半がコンマでつながっているだけなので、非常時に「規律ある民兵団」を作るという限度において「国民」の武器の保有・携行を権利として認めているのか、それとも民兵団に限らず、国民一般の権利として武器の保有・携行を認めているのか、そこがあいまいである。

 

ただ、常備軍が存在する今日では「民兵団」の必要性は小さいので、条文の後半に力点を置いて読み、武器保有・携行が国民の権利として認められていると理解する人が多いようだ。

 

日本国憲法は半世紀以上改正されていないから古くさい、という人がいるが、「古くさい」といえば、上記のような18世紀の条文が残っているアメリカ合衆国憲法のほうが上である。合衆国憲法には、修正条項が27も付け加えてあって、ある意味で不恰好であるし、上記のように、独立のころの特殊な事情をひきずったあいまいな文言も残っている。

 

むろん、問題は憲法にどう書いてあるかということ以上に、今日のアメリカ人が、今日のアメリカ社会を背景にして、銃の問題をどう考えるか、というところにある。アメリカでは、銃生産が兵器輸出大国アメリカの基盤にもなっていることもあり、銃の保有が必要だとか、国民の権利だとする社会通念は、なかなかなくならない。

 

また、広いアメリカでは、警察の手を借りることもできない山地に住んでいる人もおり、身を守るために武器が必要な場合もある。銃の保持が「権利」だという意識が広まったのは、NRAのようなロビー団体による意図的キャンペーンによるもので、実はわりと最近の話だともいう。

 

ひとつ有力なのは、上記の記事にあるように、「責任保険 liability insurance (人に損害賠償責任を負ったときにその損害額を補償する保険)」への加入を銃保有者に義務づけるという方法である。このように、銃保有者の責任を大きくするという間接的な方法ならば、かなり有効に機能する可能性がある。

 

 

実際には、アメリカに長年住んでいる人でも、街中で一般人が銃を携行しているのはあまり見たことがないという話もきく。外部のわれわれが思うほど、一般のアメリカ人は銃に固執しているわけでもないのかもしれない。ならば、オーストラリアで実施したように、民間人が保有する銃を政府が一定額で買い取り、処分するという処置も考えられる。

 

 

銃からの自由。それが実現できれば、アメリカ社会はもっと自由になれるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
憲法9条(戦力の不保持)と24条(結婚の要件)はペアである

国の交戦権を否定した9条と、婚姻が「両性の合意」のみで成立するとした24条は、根本思想が同じかもしれない。

じっさい、1950年代には、9条と24条を直接結びつける議論が登場した。

9条を廃止し日本軍を再生させるには、兵隊になる男性が命を投げ出す理由が必要となる。親に服従することがよいことだという意識を育てれば、国家や上官の命令に従うのがよいことだという心情ももたせやすい。したがって、家族において、親や夫への服従関係を否定する24条は、改正しなければならない...

そういうロジックであった。(若尾典子「憲法24条を考える」『歴史地理教育』2007年4月号、10頁」

兵士をつくるためには、家族における服従関係を復活させるべし、ということである。うまく戦争をするには?という目的からみると、9条と24条がつながりをもっていることがわかる。



実際、戦前の日本では、徴兵と結婚は深い繋がりがあった。現在でも、韓国など徴兵制のある国では、徴兵と結婚は切っても切れない問題である。

だからであろう。戦後、日本国憲法の規定のなかで、とくに若い世代に共感を呼んだのは、ほかならぬ9条と24条であった。(若尾同上論文、11頁)

 

 


1960年に、「僕は泣いちっち」で有名な守屋浩が、「24条知ってるかい」という歌を出したことがある。

 

 


「憲法なんて知らないが 24条いかせるぜ
好きな二人を添わせれば 心中なんかなくなるさ
明治生まれじゃ無理だけど 時代が変わっているんだよ
もっと勉強しておくれ 日本国の憲法を」

 

 


という歌詞だったという。いかにも戦後的な、明るい文句だ。





 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TPP問題が見えて来る視点
名古屋で開かれたTPP問題についての集まりに参加して、コメンテーターのようなことをしてきた。

今の時点で、「これは記憶しておいてよいことでは?」と思うことをメモしておく。



◯ この問題でも、日本政府・自民党・財界のアメリカへの従属ぶりは目に余る。しかし、彼らはアメリカの圧力によっていやいやTPPに参加しているのではない。

彼ら自身、TPP参加にメリットを見出しているのである。

TPPは、日本の市場をアメリカ資本に提供すると同時に、自分たちが他国の市場を蚕食するチャンスともとらえている。




◯ しかし、彼らがそう思っていることは、彼らの思惑が<正しい>ことを意味するわけではない。

世界中を荒廃させるグローバル資本の運動は、けっきょくは自分たちの市場自身を荒廃させ、資本もろとも、世界を自滅に向かわせる。

TPP反対運動は、日本の支配層とグローバル資本に、自分の愚かさを自覚させる運動でもある。




◯ TPPの実施がどういう結果を生むか。それを知るには、アメリカの現状を見ればよい。




◯ 今年の参議院選挙で自民党は勝利し、TPPは一気に加速する。おそらく、TPPは遠からず現実となる。

しかし、いまのうちからTPPの問題点を広く世間に啓発しておくことが、TPPの弊害を少しでも減らし、将来、撤廃にもちこむための力となる。












| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
government of the people, by the people, for the people - ゲティスバーグ演説の意味について おわり
日本国憲法の前文に、次の文がある。

「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、①その権威は国民に由来し、②その権力は国民の代表者がこれを行使し、③その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。」

上記の①〜③は、さきにあげたゲティスバーグ演説の最終フレーズそのものといってよい。

すなわち、

①「その権威は国民に由来し」= government of the people

② 「その権力は国民の代表者がこれを行使し」= government by the people

③ 「その福利は国民がこれを享受する」= government for the people

「これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。」= shall not perish from the earth.


日本国憲法のこの部分はゲティスバーグ演説を参考にしたのではないかとさえ思えてくる。

こうして、日本の歴史のなかにアメリカ流の「人類普遍の原理」=イデオロギー型の正当化論理が導入されたのである。






(おわり)




ちなみに、日本国憲法の英文版をみると、前置詞がゲティスバーグ演説とはだいぶ違っていて面白い。

Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people,  The powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people. This is a universal principle of mankind upon which this constitution is founded. 

ゲティスバーグ演説全文

Abraham Lincoln - The Gettysburg Address(Nov. 19, 1863)

Four score and seven years ago our fathers brought forth on this continent, a new nation, conceived in Liberty, and dedicated to the proposition that all men are created equal.

Now we are engaged in a great civil war, testing whether that nation, or any nation so conceived and so dedicated, can long endure. We are met on a great battle-field of that war. We have come to dedicate a portion of that field, as a final resting place for those who here gave their lives that that nation might live. It is altogether fitting and proper that we should do this.

But, in a larger sense, we can not dedicate -- we can not consecrate -- we can not hallow -- this ground. The brave men, living and dead, who struggled here, have consecrated it, far above our poor power to add or detract. The world will little note, nor long remember what we say here, but it can never forget what they did here. It is for us the living, rather, to be dedicated here to the unfinished work which they who fought here have thus far so nobly advanced. It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us -- that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion -- that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain -- that this nation, under God, shall have a new birth of freedom -- and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.


なお、この演説の英語については次のサイトになかなか行き届いた解説がある。


http://www.where-are-we-going.com/beyond_exams/paperback_reader/2009/03/the-gettysburg-address/








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 01:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
government of the people, by the people, for the people - ゲティスバーグ演説の意味について その5
さて、ゲティスバーグ演説の

… ① government of the people, ② by the people, ③ for the people, shall not perish from the earth.

という有名な最終フレーズの意味に移ろう。

①〜③の部分は前置詞が効果的に使い分けられている。

① government of the people  … ofの前に動詞由来の名詞(ここでは government)がある場合、ofのあとの名詞(the people )は先の動詞由来の名詞(government)の主語か目的語の関係となることが多い。だとすればこの場合、the people governs(SVの関係) あるいは  govern the people (VOの関係)が考えられることになるが、the people governs と理解すれば次の②の意味と重複するし、govern the people(人民を支配する)と理解するのは演説の主旨からいって不自然である。

この場合、ofは<所属>を表し、「統治は元来人民のものである」といった意味にとるのが自然である。

② [government] by the people … これは「統治権力を行使するのは人民である」という意味にとれる。

③ [government] for the people … このforは「受益者」を表し、「人民の利益のための統治」ということである。


すなわち、①のof(所属)の意味を、②by(行使者)と③for(受益者)に分割して述べたものといえる。

すると上記の文の意味は、

「統治権力は元来人民のものであり、それは人民が行使するし、その恩恵も人民が享受する。この原理は地上から消え去ることはない。」

といったことになる。

さて、この文章はどこかでみたことがあるような気がする。

そう、日本国憲法に、これとそっくりの文があるのだ。









(つづく)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
government of the people, by the people, for the people - ゲティスバーグ演説の意味について その4
日本国憲法について「押しつけ」などの違和感がいまも根強いのも、こうした重層的な歴史感覚が一因になっている。

日本人は軍隊・戦争による覇権の交替を正常・正当と感じる王朝交替史観的・覇権地域移動史的な歴史感覚をもっているから、日本に対してアメリカが覇権を握ることを容認する。

そうした古典的な歴史感覚からすると、日本国憲法のように人類的理念(イデオロギー)によって自国を正当化する現代的歴史感覚には、なかなかなじめない。

アメリカによる実力型の覇権交替(軍事占領)の最中に、イデオロギー型の現行憲法が制定された。この矛盾が今も日本人の歴史感覚をかく乱しつづけている。

ゲティスバーグ演説の格調高さは認めるが、やはり他国の話だと感じやすい背景には、われわれの歴史感覚の複雑さがある。







(つづく)










| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
government of the people, by the people, for the people - ゲティスバーグ演説の意味について その3
ある地域のなかで異なる出自の政権がそれぞれの正当性をもって次々に交替したという中国型の歴史観を<通時的(タテの)歴史観>を呼んでみる。

他方で、異なる地域のあいだでの争いがあって、その結果、覇権を握る地域(政権)が次々に移動するという地中海型の歴史観を<共時的(ヨコの)歴史観>と呼ぶことにする。

すると、たいていの歴史はタテとヨコの両方の歴史観が交錯してなりたっていることになる。

日本の場合、おおざっぱにいえば、

・建国神話は神武による東征(ヨコ)とヤマト平定(タテ)の混合。

・貴族政権から武士政権への移行については、半ば王朝交替(タテ)、半ば地域移動(ヨコ)の混合。

・明治政府の成立は「王政復古」「東京遷都」というように、王朝復活と半ば地域移動の混合。

・敗戦後の占領は短期間の王朝交替と地域移動の混合。

・戦後改革で歴史を「切り捨て」たあとは、反共随米主義(自民党)と社会主義的国際主義(社会党など)というふたつのイデオロギーの混合。

といった<混合>の連続によって、国家体制が正当化されてきた。

こうして日本は(他の多くの国と同様)、政権の存立の大義=正当化の方法が複数あるという、複雑な歴史感覚をもつ国となった。








(つづく)








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
government of the people, by the people, for the people - ゲティスバーグ演説の意味について その2
岡田英弘『世界史の誕生』(ちくまライブラリー、1992年)に、「時間に対する人間の態度は文化」25頁 であって、地域ごとに特徴があるという話がでてくる。

過去によって現在や未来を正当化する「歴史」という文化が自生したのは、地中海と中国であった。

その他の地域は、地域対決史タイプ(空間的対決)の地中海型か、王朝交替史タイプ(時間的対決)の中国型か、どちらかの歴史観を対抗的にコピーしたのだという。

そして現代になって、冷戦時代の二大国・米国とソ連は、歴史観を「切り捨てた」タイプとして登場した。


「アメリカ合衆国は、十八世紀の当初から、歴史を切り捨てて、民主主義のイデオロギーに基づいて建国した国家である。…ロシア革命で歴史を切り捨てて、[マルクス主義の]イデオロギーに置き換えた国家がソ連であった。」35ー36頁。


先にみたリンカーンのゲティスバーグ演説は、アメリカ国家のアイデンティティがまさしく「民主主義のイデオロギー」によるものであることを強調している。

このように、イデオロギーで自らを正当化した大国という意味で、米ソはオリジナリティをもっている。そして米ソ型の<イデオロギーによる正当化>をコピーした国家も多数にのぼった。

さて、それなら日本はどのように自らを正当化してきた国なのか。

中国型の王朝交替史観あるいは地中海型の地域対決史観、すなわち「歴史」によって正当化しているのか? それとも米ソのようなイデオロギーによって正当化しているのか?

正解はもちろん、これらの自己正当化のすべてを駆使してきた。

それが戦後の日本であった。









(つづく)












| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
government of the people, by the people, for the people - ゲティスバーグ演説の意味について その1
ゲティスバーグ(ペンシルバニア州)は南北戦争が北軍優勢へと転換したとされる戦場で、そこでリンカーン大統領は短い追悼演説をした。

1863年11月19日。日本で言えば幕末、坂本龍馬がいたころの古いものだが、今日読んでも感動的だ。

<この戦場で人々はアメリカの建国の理念のために生命を捧げた。いま、死者を弔うことと同様に重要なのは、生きているわれわれがその理念を引き継ぐことなのだ。>

そういう主旨になっている。

リンカーンがいうアメリカの理念とは何か。演説の最後の文が見事に要約しているので有名である。

... we here highly resolve that these dead shall not have died in vain -- that this nation, under God, shall have a new birth of freedom -- and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.


government of the people... 以下の意味についてはあとで考えることにして、ここではまず、この文に表れた歴史観について思うことを述べてみたい。







(つづく)








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
安保は憲法のどこに抵触しているか

日本国憲法と日米安保条約は、どこが矛盾するか。

これについての学生の回答例。

■米軍基地

平和のうちに生存する権利(前文)

健康で文化的な最低限度の生活(25条)

財産権(29条)

■自衛隊

戦争放棄・戦力不保持・交戦権の否認(9条)

■米兵に対する警察権・裁判権の制限

法の下の平等(14条)

■戦時動員

職業選択の自由(22条)

教育を受ける権利(26条)

婚姻の自由(24条)

奴隷的拘束および苦役からの自由(18条)

■安保条約の存在

最高法規(98条)



ほかにも多数の条文が関連すると思われるが、ちょっとおもしろいところがあるのでメモした。







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 憲法改正 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
  • 英語を演奏する技術
    みうら (10/17)
  • 英語を演奏する技術
    月研ぎ (10/17)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    みうら (10/16)
  • 仏教は宇宙の創始や終焉をあまり考えない、古代の無限縁起の世界観
    稲妻捕り (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    みうら (10/16)
  • 生きてるほうが珍しい  人間と宇宙、空と無の連関について
    稲妻捕り (10/15)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/14)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    みうら (10/13)
  • 稽古とはクセをとること 舞妓さんのトレーニングに学べ
    職人 (10/13)
#トラックバック