ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


仏像の宇宙観はトランスの世界観と重なる

このごろ、いろいろなものがトランスのかたちで回っており、それはいろいろなかたちで表現されていると思うようになった。

 

たとえば仏像は、宇宙のトランスを古代的に表現したものではないだろうか。

 

私がトランスというのは、存在(宇宙)というものが、

 

 

 

       転体      客体

 

  ▽

 

           主体

 

 

 

こうした三角関係にあるという認識のこと(この図は、主体から出発して反時計回りに回転する)。

 

西村公朝師の大著『仏像の再発見 鑑定への道』(吉川弘文館、1976年)は、如来、菩薩、明王、天部という四種の仏像の相互関係を説明しているが、その内容はトランスと同じである。

 


如来=主体・客体・転体  この宇宙の森羅万象は、どこからか来て、仮の姿をとったものである。人間も花も鳥も山も川も、いま「そうであるかの如き」姿をしている。この世にあるすべてのものは、本質のわからない「如」(にょ)の世界から「来た」のだ。ゆえに、この世のすべてのものを「如来」という。26頁 如来とは、上のトランスの図にある主体・客体・転体という契機(必然的通過点)のことにあたる。如来といい、主体・客体・転体というのは、すべてトランスのなかで現れる仮の姿(現象)である。

 

 

菩薩=主体・客体・転体どうしの客観的な関係  「われわれの周囲にいる各如来は、おたがいに助け合っているのです。その助けられたAと、助けてくれたBの関係は、BがAに対して菩薩になっているのです」「菩は香草(こうそう)、薩は救うという意味です」 たとえば「人と米の関係は、米は人に対しては菩薩になります」26頁 こうして、ある如来は他の如来の菩薩となり、世界が助け合っている。ならば菩薩とは、トランスの主体・客体・転体が互いに結ぶ投射・転態・反射という客観的な関係のことである。

 

 

明王=主体・客体・転体どうしを結びつける力   米は、「太陽と水、すなわち地・水・火・風・空の働きが加わって成長します。この偉大なエネルギーを明王といいます」26頁  明王は、如来・菩薩を生む宇宙エネルギーの擬人化である。ならば明王とは、トランスの主体・客体・転体を互いに結びつける力のことである。この力こそトランスをつくる当のもの、すなわちトランスの実体だといえる。実体は局面(上図の三つの辺=関係)ごとに性質が異なり、トランスではそれぞれを投射力・転態力・反射力と呼んでいる。

 

 

天部=本質あるいは規範   「こうした宇宙のバランスを護っているのが天部と解釈できるでしょう」26頁。 天部とは、トランスの真ん中にあって、トランスの運行をつかさどっている宇宙の本質、あるいは行動する人間にとっての規範のことである。

 

 

こうしてみると、如来という主役にみえるものが、じつは仮の姿であり、明王という脇役にみえるものが宇宙の実体であり、天部というやや静的にみえるものが宇宙の本質であることになる。このように自足した宇宙のトランス全体を、大乗仏教は「空」と呼んだ。

 

これら四種の仏像をすべて用いるのは真言天台の密教系寺院であり、禅宗や浄土系の寺院では仏像の種類がより限定されている。だがこうした宇宙観はすべての仏教のベースになっており、トランスの真ん中の本質に全身で直入しようとすれば禅宗、世俗にある人間の苦難苦悩にフォーカスして、菩薩の力を一種類の如来に集約すれば、浄土系の思想になると考えられる。

 

仏像群は、古代インド発祥の宇宙観である。宇宙のあり方を一見無機質なトランス(上図)にまで煮詰めた現代の私からみると、仏像の姿は豊かに擬人化され、古代的で異国的だ。

 

いずれにせよ、古代の仏像群は、よくぞここまで宇宙のトランスを洞察したものだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
言葉の自傷性をおさえる

ウェブ・カウンセラーの安川雅史氏が、ネット上の「書き込み」について、こう述べている。

 

 

「ストレス発散のために、他人の悪口を書き込んだ後で『ああ、スッキリした』という人、まずいないんですよ。

 

人間の脳は主語を理解できないので、悪口で書き込んだことを自分のことだと理解してしまう。

 

書き込むことで、余計にストレスが溜まることを知ってもらいたいですね。」

 

(『人権のひろば』2016年3月、11頁)

 

 

「人間の脳は主語を理解できない」というのは、ウェブ上の書き込みでつかう言葉つまり概念は、特定個人の所有物ではなく、社会的な共有物なので、たとえば「お前」と書いたとき、それは自分のことでもありうるからである。

 

言葉の自傷性は、話したときより書いたときのほうが強いということもある。文字は自分の目を通して、着実に自分に返ってくるからだ。

 

だが、話した言葉も自傷性をもっている。「あいつは...」と語ったとき、その一部は自分への中傷として返ってくる。

 

このごろ私にもようやくわかった。思っているのと、口に出して言うのとでは、ずいぶんちがうのだ。

 

他人の悪口は、思っていても人に言わないほうがいい。断然、言わないほうがいい。口に出した言葉はとりかえせず、他人と自分を傷つけつづける可能性がある。言いたくなっても、しばらく我慢していれば、そのうち忘れることも多い。

 

言葉はきれいな祈りにつかうほうがいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
音響は独自の非現実世界をつくる 仲道郁代さんの講演から

ピアニストの仲道郁代さんの講演を、最近ラジオで聞いた(NHK文化講演会)。

 

仲道さんは、かねがねベートーベンが弾きにくいと感じていたが、作曲家の故諸井誠氏の薫陶を得て開眼したという。

 

じつはベートーベンは、特定の短い音形(いわば部品)をもとに設計図を描き、ピアノソナタを構成するという技法を使っていた。そこをきちんと見抜いているかどうかで演奏がちがってくるのだと。

 

素人考えだが、短い音形を基礎にして長い全体を構築する技法は、フーガやシャコンヌにおけるバッハの技法、つまりバロックを引き継いだのだろう。そして形式美をもつところは古典派で、近代的個人の心情をテーマにするところはロマン派。

 

ベートーベンは、そういういろんな要素をもっている。そのため作品が重厚かつ多面的で、簡単には弾きこなせないということなのかもしれない。

 

ところでこの講演では、仲道さんがときどきピアノで実演してくれる。

 

たった二音からなる短い音形に聴き入っていると、音がつくる独自の世界を感じることができる。

 

音形が短いだけに、悲しみとか喜びとかいった人間的な感情だけでなく、理性や概念、さらにはもっと超越的なものまで示唆しているように思えてくる。

 

そして、いったん設定した音形は自力で奔放に展開していくので、ベートーベンはそれを強力に制御した。音形の潜在力を、作曲家が実力でコントロールしていくプロセス。それがひとつの曲になっているようにも思えるのである。演奏者と聴衆は、音形の自己発展と、ベートーベンの構成力のせめぎあいに身をゆだねていく。

 

音の世界は、それを着たり触ったり食べたりはできない、一種の非現実ではある。だが聴き入る人にとっては、実在する世界である。

 

マルクスは、商品は商品どうしで「商品語」をしゃべるのだと言った。

 

音は、音どうしで「音楽」を語るのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
トランスの主人公は客体

客体は、主体の投射を受けつつ、みずから転態することによってトランス(自己超越)する。

 

主体は、トランスする客体から反射を受けてトランスする。

 

親、医者、教師、そして神は、主体であるが、主人公ではない。

 

子、患者、生徒、そして人間は、客体であるがゆえに、主人公である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コンサートホール 天井から概念が降りてくる空間

昨晩FMで、ブラームスの交響曲第四番を久しぶりに聞いた。2017年10月のN響、サントリーホールでの演奏、指揮者はクリストフ・エッシェンバッハ。

 

クラシック音楽は、同じスコアでちがう演奏が聞けるところが楽しみなのだが、この演奏もこれまでとひと味ちがう感じがして、最後まで聴き入ってしまった。

 

番組コメンテーターの池辺晋一郎氏が、オーケストラはあまり音がそろいすぎても良くない、演奏者の息が少しずつズレて、音に若干のバラつきがあると味わいが生まれるというようなことを話していたが、言われてみれば、この演奏はそういうズレの良さが出た実例だった。

 

音声学では、文字や発音記号が表すものは音の概念にすぎず、じっさいに発せられる人間の音声にまったく同じものはない、すべて異音 allophone になる、とされる。同じ人が発する同じ語でも、昨日、今日、明日では異音になる。すべてにズレがあるのだ。

 

音楽でも、スコアは音の概念を表した表象であって、じっさいに発せられる音は、演奏のたびに変わる異音である。

 

聞くほうのコンディションによっても、同じ音が違う風に聞こえる。これも異音的な現象だろう。

 

考えてみれば、コンサートホールで起こっていることは、指揮者も楽団員も聴衆も、天井から降りてくる作曲者の概念をそれぞれに身体で聞き取り、微妙なズレをともないながら演奏するということだ。

 

コンサートの成果は、天井から降りてくる概念を人々がどう把握するかに依存している。

 

すぐれた概念をスコアに書いて天井から降らせたブラームスも、それをすぐれた能力で個々に聞き取り、演奏したN響とエッシェンバッハも、そして会場の聴衆も、いい仕事をしたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
円空 歓喜のトランス

神仏習合は、トランスの好例だ。

 

神は仏にあこがれ、仏像を拝む。

 

すると、神の尊拝力が仏像に凝結する。

 

神は仏を主人と認めたがゆえに、仏のしもべとなったのだ。

 

神は、仏(本地 ほんじ)の仮の姿(垂迹 すいじゃく)となる。

 

これが本地垂迹。(民は王をつくったがゆえに王のしもべとなるという、支配の論理と同じ)

 

 

こうともいえる。

 

木には神が宿るとされてきた。だから木を変形して仏像をつくれば、そこに神と仏が融合していることになる。

 

神を仏に変えつづけ、神と仏を融合しつづける。どちらが主人で、どちらがしもべということもない。

 

神と仏が融合した転体の群れ。

 

このトランスに喜悦を見たのが、円空(1632? - 1695)であった。

 

 

 

 

 

 

 

「円空仏」の画像検索結果

 

       円空仏

 

https://matome.naver.jp/odai/2135933347671214901/2135934419496507203

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
観念は非現実だからこそ大事にしたい

心に抱いただけの観念は、非現実ともいえる。

 

では、非現実だから観念は無価値かというと、そうではない。

 

われわれにこの世の現実がわかるのは、観念という非現実を鏡にして、現実を照らしだすからである。

 

観念の世界では、極楽も地獄もつくれる。

 

この世の現実が良くなるのは、われわれが良い観念という非現実をつくるからである。

 

この世の現実が悪くなるのは、われわれが悪い観念という非現実をつくるからである。

 

ならば、観念の極楽をつくろう。

 

この世に菩薩は多いほうがいい。それは、観念で極楽をつくる人が増えると、現実が良くなるからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
心の極意は「きれいな願い」

牛が草を食べると牛乳になる。

 

蚕が葉を食べると糸になる。

 

生物は変換装置だ。

 

人間は、あらゆるものを観念に変換する。万物変換装置だ。

 

観念は表現体へと凝結し、表現体は相手の心にとりいれられ解凍されて、ふたたび観念にもどる。

 

そのとき元の観念はまた変換をとげている。

 

そういう変換には、極意がある。

 

それは、きれいな願いをこめることだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
時を殺すな

仏教には、殺生戒(せっしょうかい)という戒(いまし)めがある。

 

人や生き物をむやみに殺すのはいけないという意味。モーセの十戒にも 似たことが書かれている。

 

 

どこだったか、こんなことを読んだことがある。

 

生き物だけではない、あらゆるものは生かしたり殺したりできる。

 

時というものも、生かしたり殺したりできる。

 

時を無駄にしたり、時というものを無視するのは殺生だ、と。

 

 

人間は、時を殺し、また生かしもする。

 

時を生かそう思えば、全宇宙が見えてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
偽札の世界 観念世界の独立性について

ある人が面白いことを言った。

 

 

「偽札は、気づかれなければ完全にお金の役割を果たす。お金の本質は、偽札がよく表している。」

 

 

その通り。価値とか値段というのは、完全に人間の観念である。

 

これでいくと、次のようにも言える。

 

 

「嘘の言葉は、気づかれなければ完全に言葉の役割を果たす。言葉の本質は、嘘がよく表している。」

 

 

言葉(概念表象にもとづく認識の表現)の本質も、完全に人間の観念である。

 

電車のなかで海外小説を読むときのように、人間の観念は、一次的観念(いま電車のなかにいるという自覚)からさえ独立できる。

 

人間の高度な観念性を率直に認めること。観念に照らしあわせることによって人間は現実を理解し、変革していることに気づくこと。

 

観念は偽札である。偽札であるがゆえに、現実を照らしだす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の哲学 世界はトランスする | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック