ごきげんようチャンネル

"The United States as a country has interests, and those interests are not the interests we hear about on the campaign trail." Jeanne Zaino, Iona College
           
ゴシック建築と英語の構造  おわり
唐澤一友『英語のルーツ』(春風社、2011年)は、英語の前置詞と格変化の消失の関係について、次のように述べている。



「古英語の与格が位格、具格、奪格を吸収し、これらの格の機能をも兼ね備えるようになったように、格の統合が進むと、複数の機能を担う格ができる。…

一つの格の表し得る意味が多岐にわたるようになると、…どの意味で用いられたのかはっきりしなくなったり、判別がつかなくなることすらある。

このような曖昧さを回避するための一つの手段として発達したのが前置詞の使用である。…

格変化の体系が大きく崩れた英語においては、その反動として前置詞の用法が大いに発達している。」(127−128頁)




こうした変化の結果、近代英語は代表的な格関係のパターンを選定し、個々の語ではあまり格変化を表現しないですませるという方法を選んだ。これが英語の「文型」であり、それは古英語以来の「格変化の体系が大きく崩れた」ものである。

文型の成立によって生じる「曖昧さを回避」し、文型の外に出した実体との微細な関係の表現を担うものとして、前置詞が発達した。

教会堂の内部空間を広く高く確保し、祈りと祝祭の空間をより自由にするために、バットレス構造を建物本体の外に出したゴシック建築に似ている。



ちなみに、古英語が大きな変化をとげ、近代英語が成立していった中英語の時代(1150−1500年)は、まさしくゴシック建築の時代である。









(おわり)









 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゴシック建築と英語の構造  その1
言語と建築の関係について、面白いと思っていることがある。

ゴシック建築と英語の前置詞の関係である。



ゴシック建築の特徴として、教会堂の外に「控え壁 buttress」と呼ばれる小型の壁を何本も立て、それと教会堂の壁を「飛び梁(りょう) flying buttress」という細いアーチで結合する技術がある。

パリのノートルダム大聖堂が、まるで発射前のロケットのように何本かの尾翼をもっているように見えるのも、控え壁と飛び梁によって建物が補強されているからである(以下、これを<バットレス構造>と呼ぶことにする)。


私は、英語の前置詞がこの飛び梁であり、控え壁は前置詞に附属する名詞(いわゆる前置詞の目的語)であるとイメージすると面白いと思う。

ゴシック建築が、バットレス構造で外部から補強されることによって広く高い内部空間やステンドグラスの明るい壁を確保できたのと同様、英語は<前置詞+目的語>という構造を主構造(いわゆる文型)の外に出すことによって、文型の内部を単純かつスピード感のある空間にすることに成功した言語であると思う。


前置詞句が、いわばゴシック建築におけるバットレス構造のようなものであることは、英語の歴史にも根拠がある。








(つづく)








 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外国語ー その恐ろしさ 東後勝明氏の自伝から おわり
東後氏は、その日ホテルに帰ると、考え込んだ。

「なぜだ?」
「どうして、こんなことになるのだ!」
「これまでの勉強は一体何だったのだ!」

と。208−209頁

この痛烈な体験から、氏は次のような「疑問」を抱いたという。




「① 日本人が英語を自由に使えるようにならないのは、どこかに決定的な要因が潜んでいるのではないか。



② これまでの文法、文型中心の勉強には限界があるのではないか。



③まず覚え、練習をし、それから使うようになる、という勉強の順序では使えるところには到達しないのではないか。



④ ことばを知っていることと、コミュニケーションの目的のために使えることとは、別問題ではないか。」209頁





このような疑問を抱いた東後氏は、もう一度留学して新しい方法論を習得しようと決心し、NHKの放送も降りたという。209頁






私も似たような経験がある。

高名な英語専門家が、この屈辱的な経験を正直に書いた勇気に頭が下がる。



このように、外国語というもののぞっとするほどの恐ろしさ、カベの厚さを知る人ほど、真の方法を心から求めるものだ。








(おわり)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外国語ー その恐ろしさ 東後勝明氏の自伝から その1
東後勝明(とうご・かつあき)氏といえば、かつてNHKラジオの英語会話を長年担当した、日本を代表する英語教育専門家の一人。

その自伝に印象的な部分があったので、メモしておく。

東後氏がNHKの英語会話の放送を担当して1年ほど経ったとき、イギリス留学のチャンスがやってきた。

放送をつづけるか、留学するかで悩んだが、幸運にも、イギリスにいながら放送もつづけることができることになった。

その留学も終え、帰国してNHKで放送をつづけていた頃のことのようだから、東後氏はすでに英語の専門家として高名であった。

そのころ、ロンドン大学で世界英語教育学会が開かれた。

日本代表として出席した東後氏は、Learner-centered Methodology (学習者中心の教授法)というテーマのシンポジウムの司会を任された。

以下、氏の自伝からそのまま引用しよう。




「発表者の発言が終わり、パネリストと会場参加者との意見の応酬が始まると、じょじょにその英語に圧倒され、そのうちについていけなくなりました。

頭の中が一瞬真っ白になり、

『ああ、ダメだ!』

と。

全身からサーッと血の気が引いたあの恐ろしい瞬間。

あとは、どうのようにしてその場の議論を収めたのかも覚えていません。

私の英語に対する自信だけが、ガラガラと音をたてて崩れていったのを覚えています。」



(東後勝明『新版 英語ひとすじの道』筑摩書房、2002年、208頁)










(つづく)










| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
tell は授与動詞、say は他動動詞
電話のインタビュー(英語)で、インタビューされたほうが、



"I thank you let me tell you my story."



といった言葉を最後にいうことがある。


「私のほうこそ、話を聞いてくれてありがとう」


といった意味になるが、この言葉は、ときにまぎらわしいtell とsay の違いがわかりやすい例である。

気づいていない人もいると思うが、tell は、give やsend などとおなじ「授与動詞」である。


give が、



He gave me the book.



などと使えるのと同様、tell も、



He told me the story.



となる。

tell は、内容のある話を「誰かに授与する」というのが原意である。(他に、promise, read, show, grant, award, hand, teach, throw, write も授与動詞)


他方、say は、なにかを「言う」という単純な他動の動詞で、



He said that to me.



などとなる。

say は、「話を誰かに授与する」というより、ある言葉を口にした、というニュアンスである。














| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「食べられません」は" Do not eat. " 英語の掲示文 うまい表現あれこれ
看板や掲示板などは、言語の缶詰。
 
英語で、「なるほど、そういうのか!」と思うような例をいくつか。


 




 
「新店舗オープン!」  New shop opening!   … よくみかける ”New Open” は、完全な和製英語。

 
「新装近日開店!」  Completely remodeled.  Reopening soon!


「新着商品」    New Arrivals         …  よくみかける "New Arrival" は、微妙に舌足らずの間違い表現。

 
「お一人様三個まで」  Up to 3 items per person … up to は、上限を表す便利な言い方。

 
「二つで1000円」  2 for 1000yen … 2 と1000yen が同等であることを表す for。 

 
「キャベツお替わり自由」  Free refills on cabbage  …「お替わり」は refill。on は、浸透・変更が不可能な対象に。

 
「ちかん注意」  Beware of molester

 
「係の者がご案内します」   Please wait to be seated

 
「空席あります」    Seating available

 
「水はセルフサービスです」   Please help yourself to water … 直接的な到達を表す toが効果的につかわれている。

 
「月曜定休」    Closed on Mondays  … △close Monday のような掲示を日本で見かけることがあるが、間違い。

 
「他店より高いときはお申し出ください」  We will match any price … match やany が効果的。

 
「防犯カメラ作動中」   Security camera in operation

 
「黄色い線の内側におさがりください」  Stand behind the yellow line … 「さがる」は stand。お見事。

 
「二列にお並びください」  Please wait in two lines

 
「始発(終点)駅」  Train originates (terminates)  at this station … 「始発」をstart と書いてあるのを見たことがあるが、どの駅でも、電車が発車するのは当たり前。

 
「閉店しました」    Out of business




 
最後に、そのものズバリの名表現を。


 
「ビール冷えてます」   Chilled beer
 
「これは食べられません」  Do not eat






 
(以上、『六カ国語 看板・掲示板日常文例集』新星出版社を参考にした)







 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
"you" はなぜ単数も複数も同じ形か?
西洋語では、敬称の二人称複数と二人称単数が同じ語であることが多い(英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語など)。

なぜそうなったのか。

英語の場合、you は古英語の ye の目的格複数形が起源で、もともと複数の聞き手を表した。

他方、ローマ帝国以降、支配者が自分自身を"we" と呼ぶ習慣がヨーロッパ全体に広がった(royal "we" )。

それに対応して、臣下が支配者(単数)を複数形(英語ならyou )で呼ぶようになったのである(江川泰一郎『代名詞』研究社、1955年、6、8頁)。

youは、臣下がうやうやしく支配者を呼ぶ言葉となった。

そこから、一般の人たちも敬称的に単数の聞き手をyouで指すようになった。


もちろん、もともとyouは複数形だから、複数の聞き手も指す。


聞き手が単数であっても複数であってもyou で呼ぶのは、そういう由来らしい。







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
学校英語の愚劣について
まだ驚きと怒りがおさまらないので、もう一言。

<英語の単語を覚えるということは訳語を覚えることだ>

という高校生の間でかなり蔓延しているらしい発想は、教師がそう明言しなくても、生徒のほうでそう思い込む条件が整っている。

教室でおこなう単語テストとか訳読形式の授業とか、テストの英文和訳問題とかによって、自然に<英単語=訳語>というイメージが植え付けられていく。

英語の教師自身は<英単語=訳語>と思っていなくても、学校英語のシステムがそう思わせるようになっているのだ。

なぜそうなったままで、ろくに修正しようともしないのか?

この疑問に対するスマートな答えは、

<学校の英語は、自家消費用の家庭菜園をやっているようなものだから>

というものだろう。

家庭菜園では、自分で種を撒いて、育ったものを自分で食べる。ほかの人に食べさせたり売ることは想定していない。

なぜ単語テストで日本語の訳語を書かせるのか? なぜ英語の授業といえばやたらに日本語に訳すのか? なぜ英文和訳のテストがあるのか?

すべては、日本人が日本人に質問し、その答えは日本人にわかればよいからである。

「英語」という科目は、自家消費用の家庭菜園である。それは日本人による日本人のための、稚拙な日本語の世界であり、生徒にとっては忍耐だらけの錬獄でもある。

そしてもうひとつ、忘れてはならないのが、大学側の責任である。大学入試は、高校でしっかり家庭菜園ごっこをやってきたかどうかをチェックする機能を果たしている。

ああ…

愚かだ…















| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<単語を覚える=訳語を覚える>という思い込みについて
最近、複数の高校生と英語の「勉強」について話す機会があって、ひとつ気がついたことがある。

私が話した高校生は、<英語の単語を覚える>というのは、<日本語の訳語を覚える>ことだと思っているらしいのだ。

どれくらいの高校生がそう思っているのか私にはわからないが、大人の知人に聞いてみたら、「ほとんどの子がそう思っているのでは?」という返事だった。

私は心底、驚いた。

ひょっとしたらそうではないか…くらいには感じていたが、実際にそういう例をみると、驚きでもあり、情けなくもあり、誰かがそう思わせたことに対して腹も立った。

<訳語を覚えたら英語の単語を覚えたことになる>だって?!

高校の教師が本当にそう思っているとは思えないが、多くの生徒がそう思って教材の単語帳をにらみつけていることは、どうやら事実らしい。

<日本人は英語ができない>という言葉が多少とも当たっているとするなら、その原因のひとつが、<英語の単語を覚えるということは訳語を覚えることだ>という思い込みにあることは間違いなさそうである。

ああ、なんという愚かな…

どうしてそれが愚かなの?と思う人もいるだろうが、いまはあまりの驚きと怒りで、説明する気にもなれない。













| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
"Relight the joy. "   スターバックスのクリスマス・コピーを解説しましょう
毎年、クリスマスが近づくとスターバックスの店頭に心あたたまるコピー(広告用のキャッチフレーズ)が掲示される。

今年のコピーは、"Relight the joy. "  だが、意味がよくわからない人もいるようだ。

以下、解説してみよう。

◯ まず、"relight" と原形動詞ではじまる、これは命令文。re- は repeat などでおなじみの接頭辞で、ここでは「もう一度」。発音は「リ」ではなく「リー」に近いくらい、しっかり言うのがコツ。

"light" は火をつけることで、ろうそくに火をつけるのも "light"  だし、電球のように内部からポッと光るのも、やはり "light " である。

◯ 次の the joy だが、joy は、声をあげたくなるほどのうれしさのことである。

theは、①世界で唯一、②その場面では唯一、③その単体のなかで唯一、という三つの<場>での唯一性をいう。 

この短いコピーでは、the joy とは、どの<場>で唯一の「うれしさ」ことなのかはあいまいである。だからこそ、"Relight the joy. "という文には、次のような豊かなイメージが埋め込まれることになる。


① 「世界で唯一の、あのjoy の光をふたたび灯そう」

たとえば、教会のロウソクの光を思い出して、救世主降誕という、キリスト教徒としてのよろこびを新たにする人がいるかもしれない。


② 「去年のクリスマスという場面での、あのうれしかった思いを心に呼びもどそう」

家庭でのクリスマス・ツリーの灯り。家族や親戚や友人が集まって過ごした去年のクリスマスのうれしさ。一年が経つうちに忘れかけていた懐かしい人たちの思い出を、また心に灯してみませんか。


③ 「あなたの心のなかで特定できる、あのよろこびにもう一度光を灯してみよう」

あなたの心という単体のもののなかで唯一の、あのよろこび。それは夫や妻や恋人にはじめて会ったときのよろこびかもしれないし、本当に好きなものを見つけて、飛び上がるほどうれしかった記憶かもしれない。




スターバックスでの日本語バージョンは、「ぬくもりを、もちよろう」となっている。これは "Relight the joy." を②の意味で解釈したもので、なかなかうまい訳である。

日本の幼児の歌に、「いつのことだか、思い出してごらん。あんなこと、こんなこと、あったでしょう」というのがあるが、"Relight the joy." というのは、それのクリスマス・バージョンみたいなものである。

訳してみるなら、


「クリスマス。あんなこと、こんなこと、思い出してみようよ」


といったところであろう。

だがしかし、これはスターバックスという飲料店のキャッチコピーであることも忘れてはいけない。

すなわち、"Relight the joy. " とは、

「以前に飲んだ、あの味を思い出して relight the joy 、もう一度飲んでみませんか?」

という誘いにもなっているという、なかなかおいしい話である。

そういえば、スターバックスの背の高いコーヒーカップは、なんだか relight するロウソクのような形だ、とまでいえば、言い過ぎになるのかもしれない。 









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 英語 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック