ごきげんようチャンネル

科学とは、正確に驚くことである。 Y.M.
           

強いライオンになるには、羊を同化せよ  世界史は翻訳史である

丸山真男・加藤周一『翻訳と日本の近代』(岩波新書、1998年)

 

物故した二人の知識人の対談。全体の主旨は、次の文に要約される。

 

 

 

「徳川時代の文化の大きな部分は、翻訳文化であった。

 

いわゆる『読み下し漢文』は、徂徠も指摘したように中国語文献の翻訳であり、その語彙や表現法を採り入れて消化した日本語を媒介とする文化ー すなわち徳川時代の儒者の文化の全体が、その意味での翻訳文化である。

 

その経験が明治の西洋語文献からの大がかりな翻訳を助けたのであり、近代日本を作りだした、ということができる。」(加藤周一「あとがき」186頁)

 

 

 

私がいう、「日本には今も英語はない」という状況を産んだ歴史的起源は、少なくとも江戸時代までさかのぼることになる。

 

ここでは、本書のなかで次の部分をメモしておきたい。

 

 

 

「徂徠の時代は、江戸時代を通して最高の知識人たちが異文化の存在を意識した時代で、…翻訳問題に関していちばん鋭い表現が徂徠ということかな。

 

明治の初めについても同じくいえることは、…異文化の異質性を自覚し、それを完璧に認識しようという欲求が出てきたときに、比較的にオリジナルな思想が出るのね。

 

ちょっと逆説的だけれど、そういう傾向がある。福沢しかり、徂徠しかりです。

 

『朋あり、遠方より来る…』のまま読みつづけていたんじゃ、同文同種論みたいなもので、同じ文明という意識になってしまう。徂徠はそこを越えた。だから徂徠がなければ宣長は出てこなかった。」(丸山真男、34-35頁)

 

 

 

ここでいう「逆説」のロジックは、じつに興味深い。

 

野球でいえば、日本の選手が野球というものの異文化性を自覚して、それを完璧に理解し体得したとき、アメリカにはいないタイプの、ユニークな選手として自立できる。

 

 

<模倣を通して独自性へ>という対立物への転化は、対象に対する明確な異質性の自覚から産まれる。

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ライオンは同化された羊からできている(ヴァレリー)

久しぶりに、ヴァレリーの書いたものを読む。

詩のような散文のような、不思議な言葉集。

今日、目にとまった一句。

オリジナルとは何か? すべては模倣、「太陽の下に新しきものなし。 There is nothing new under the sun.」(旧約聖書)ではないのか?

いや、それはちがう。



「ほかの作品を養分にすること以上に、独創的で、自分自身であることはない。ただそれらを消化する必要がある。

ライオンは同化された羊からできている。」

(東・松田訳『ヴァレリー・セレクション』上巻、平凡社ライブラリー、2005年、220頁)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
皇族女性の婚約は、なぜ "breaking news" か?

夕方、レストランにいたら、皇族の長女が結婚するというニュースが、店のテレビにでた。

 

明るいニュースだったせいか、「緊急ニュース」的な、派手な扱いだった。

 

英語のニュース放送でも、 "breaking news" という見出しの字幕がでたり、アンカーが "breaking news" と言って原稿を読んだりすることがある。

 

そこで英語のウィキペディアで"breaking news" を引いたら、長い解説があった。

 

そのなかに、番組を中断してでも急遽伝える価値がある、それほど幅広い層に興味を呼び起こす情報であり、そういう方法で伝えないとあまりインパクトがない話題 ( ...It could be a story that is simply of wide interest to viewers and has little impact otherwise.)、という意味の説明があった。

 

いいかえると、ニュースとは、早く伝えるほど価値が高まり、時間が経ってから伝えたのではインパクトが減ってしまう情報のことであることがわかる。

 

ニュースは、日々消費され、表面から消えていく。長期にわたり何度もニュースになるものは、人々がそのニュースの意味を咀嚼するのに時間がかかるような場合や、報道機関が、世に警告しようという意図をもっている場合であろう。

 

いわば、ニュースは海の波のようなものかもしれない。波のように表面に現れるものが日々のニュースであり、何度も波になるものもある。その場合、第一波は早く伝えたほうがインパクトがある。こうした波の下に、大量の情報が海のように蓄積されていく。

 

皇族女性の婚約は、結婚の意志の表明にすぎない。「そう決めた」というだけのことである。ところがこの意志は、これから続く皇族独特の手続きや、華やかなウェディングの場面を予想させ、報道機関にとってはおいしいニュースである。

 

社会の事象の本質は、意志にある。意志が人や組織を動かしているのが、社会である。

 

一皇族の結婚の意志が、巨大な報道機関を動かす。

 

これも、意志が社会の本質であることの一例であろう。

 

 

 

 

 

参考:ウィキペディアの記事から。

 

Breaking news, interchangeably termed latebreaking news and also known as a special report or special coverage or news bulletin, is a current issue that broadcasters feel warrants the interruption of scheduled programming and/or current news in order to report its details. Its use is also assigned to the most significant story of the moment or a story that is being covered live. It could be a story that is simply of wide interest to viewers and has little impact otherwise.[1][2] Many times, breaking news is used after the news organization has already reported on the story. When a story has not been reported on previously, the graphic and phrase "Just In" is sometimes used instead.

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Breaking_news

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 04:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人間と社会の研究は、なぜ遅れているか おわり

マルクスが偉大だったのは、価値→資本という目にみえない本質の世界が自立的に運動する「資本主義」という分析レベルを設定し、その成立の由来と独自の仕組みを、多大の労力をかけて追求したことにある。

 

マルクスは唯物論者だったが、その実、価値→資本という非物質の世界を正面から扱った。

 

現代人には、無自覚な唯物論者が多い。ならばなおさらのこと、価値・意志・意味という非物質の世界の驚異と脅威に敏感になれるはずではないか。

 

 

 

 

 

 

 

(おわり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 04:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その3

自然科学に比べて人文・社会系の学問が圧倒的に遅れている根因は、価値・意志・意味という見えない世界が厳存すること、この見えない世界は、個々の人間や社会から生まれながら、個々の人間や社会から自立して、人間と社会を強く規律していること。それを学者たちがしっかりと理解していないことにある。

 

自然科学は、物質のふるまいという現象を扱いながら、実は物質の本質たる物性を研究している。これは自明のことであろう。

 

人間や社会の研究も、人間や社会のふるまいを扱いながら、実はその本質たる価値・意志・意味を研究している。ところが、この目にみえない価値・意志・意味のあり方を研究しているという自覚が、人文・社会系の学者に不足しているのである。

 

例えば、言語は、意味という目にみえない本質を表現する表現体である。意味のさらに本質は、概念である。概念は、目に見える世界から生まれながら、もはや目に見えない独自の世界をつくっている。だから、言語という目に見える表現体を扱うときも、目に見える現実を超えた、概念の世界を扱っているという自覚が必要である。この自覚が不足していると、概念の世界を扱っているはずが、無自覚のうちに現実の世界と混同する誤りを繰り返すことになる。最近の認知言語学でさえ、こういう傾向があるように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 04:03 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その2

それはそうだとして、気をつけておいたほうがいいことがある。

 

ひとつは、足、胴体、頭という目に見えるものは、目に見えない本質をもつということである。その本質が目に見えて現れたのが、足、胴体、頭である。

 

足(身体・経済)の本質は価値、胴体(生活・組織)の本質は意志、頭(観念・表現)の本質は意味である。

 

価値・意志・意味は、足・胴体・頭がつくるものであるが、同時に、価値・意志・意味という目にみえない本質が、足・胴体・頭のあり方を規定している。

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人間と社会の研究は、なぜ遅れているか その1

人間と社会は、三つの層からなる。

 

物質、社会、観念、である。

 

人間が食べたり運動したりして自分の身体を成長させ、維持するのが人間の物質面。社会では、これが経済である。

 

人間が他人と交わって社会生活を送るのが社会面。これが家族、学校、同好会、自治会、会社、政党、国家のような社会となる。

 

人間が自分の心を養い、それを表現するのが観念の面。これは社会的には、日常の身のこなし、ファッション、持ち物、会話、あいさつ、演説、説明、芸術などとして現象する。

 

人体になぞらえるなら、物質は足、社会は胴体、観念は頭。

 

どれが欠けても人間と社会は成り立たないし、下のほうからこの順につながっていて、他の順序にはならない。

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 


 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
真実とは、意志に宿る希望である

事実であろうとフィクションであろうと、試練に耐えた人の話を聞くと、われわれは真実味を感じる。

 

たとえ最後は処刑されたり暗殺されても、試練をくぐりぬけ、最後まで意志を全うした人には、真実が宿るように感じる。

 

なぜわれわれはそう感じるのだろう。

 

それは、その人の意志が不屈であったことに、われわれは希望を垣間見るからだろう。

 

そして希望があるところに、われわれは真実を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
王朝が滅亡するとは、どういうことか。

今日、中国の清朝が滅亡するときの話を学生にした。

 

話しながら思ったことがある。それは、<社会の事象の本質は、意志だ>ということである。

 

人間にとって、この世で力をもつものは、詰まるところ物質的価値、社会的意志、観念的意味の三つである。

 

これら三つを統括する位置にあるのが、社会的意志である。会社や国家など組織の本質は、利益、支配などではない。むしろ、利益、支配などを全うしようとする意志にある。

 

ホントか? と思うなら、組織が存続の意志を放棄した場合を考えてみればよい。

 

例えば、ある王朝の代表者(王)が、支配の意志を喪失したと宣言し、以後、わが王朝のために働いても報酬を出さない、後継者も指定しない、位階も制定しない、法律も公布しない、税金も集めない、外国の代表が来ても接受しない、などと表明したらどうなるか。

 

「それでは、私が替わりに支配しよう」といって、王位継承権者以外の者が権力を握る場合もある。その者が多少とも前王と血縁がある人物であっても、正統を継ぐ王位継承権者はすでに支配の意志を放棄したのだから、それは別の王朝とみなされる。

 

また、王朝の代表者や後継者が皆死亡するか、完全に追放されてしまった場合も、王朝は滅亡する。これも存続の意志をもつ代表者がいなくなったということであり、やはり意志の有無が事の本質である。

 

戦争の本質も、破壊や殺傷ではない。破壊や殺傷は手段にすぎない。戦争の目的は、相手の抵抗意志を消滅させたときに達成される。

 

外国の植民地になるかどうかも、代表者が他国の支配を受け入れるかどうかという意志の問題である。

 

では、清朝が滅亡したのはいつか。

 

それは、中華民国が建国を宣言した1912年1月1日ではない。

 

それから2ヶ月余り後の1912年2月21日、後事を袁世凱に託して宣統帝溥儀が退位を宣言し、支配の意志を放棄した時である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
現実・事実・真実・理念  概念の序列について

事実と真実のちがいは、次のような一本のラインで描ける。

 

 

現実  ー  事実  ー   真実  ー  理念

 

 

ここに示したように、現実に近い認識が事実であり、理念に近い認識が真実である。

 

理念には、永遠の生命とか、完全に平等な社会といった、実現不可能だが人を鼓舞する理想がくる。

 

真実とは、この理念に近づく方向を人間に与える認識である。それは純粋で高潔で抽象的だから、現実からは遠い。しかし、現実から遠いがゆえに、それは真実でありうるのである。

 

人間は、ときに現実を無視して理念に走ろうとし、逆に、理念を忘れて現実にまみれたりする。

 

そこで、困難だが大事なのは、この四つのバランスである。

 

現実に根ざし、理念に導かれて、事実に即した真実を追求することである。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | よみがえる史的唯物論 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック