ごきげんようチャンネル


みにつもる ことばのつみも あらはれて こころすみぬる 三重(みかさね)のたき

   『山家集』1118

なぜ神仏習合の話はいまひとつおもしろくないか

日本の神仏習合について読むことがあるが、少し物足りない感じがする。

 

神職が書き残したものとか、残された図像を概念的に認知して、「神仏習合」の論理を分析し、論文や著書にする。

 

そういうケースが多いのは理解できるし、それは必要なことだ。

 

だが、書物や図像は、現象である。現象の背後には、それを「つくる」プロセスがあったはずで、「つくる」プロセスの規範は、土台や上部構造によって規定されている。

 

言語や図像という意識形態を支えた、土台や上部構造からの規定の変化と不変に目をむけると、神仏習合論は、もっと本格的な学問になる。

 

寺社の敷地プランや建築物の様式、寺社を支えた土地所有関係や領主・村民との社会関係、寺社じたいの組織のあり方、書物や図像の作者の立場などももっと視野に入れるとよいと思う。

 

そうすると、神仏習合という問題意識じたい、明治の神仏分離という劇的な事件に強く規定されてきたことも、より明瞭にわかってくるのではないか。

 

あることが現象した背景の説明が十分にできたとき、人はその現象を「論理的」「必然的」と感じる。

そのとき歴史の運動は、過去の社会のあり方じたいから理解され、われわれは歴史から学ぶことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
土台は、なぜ社会の基礎か

人間社会を物質的に支えるものを「土台」と呼ぶことがある(マルクス『経済学批判』序言)。

 

物質的なものを社会の「土台」と呼ぶのは、それなりの理由がある。

 

たとえば、神社の敷地と建物は、社会の「土台」のひとつである。そこで働いたり祭りに参加する人たちは、神社という組織=上部構造の成員である。神社の敷地と建物は、村人が住む村落や、領主が治める領地という人間の組織、つまり上部構造の入れ物になる。

 

そして、神社の神域の配置や建物の構造は、神社という上部構造がもつ意識を具体物で表した形態、すなわち意識形態でもある。

 

米のような食料は、建築物とちがって、年々生産されては日々消費されるが、これも人間社会を物質的に支える「土台」であり、建築物と同じことがいえる。

 

土台たる米は、その生産を支える人間の組織すなわち上部構造が、それをめぐって展開する物質である。すなわち米の生産方法、流通方法は、人間の組織=上部構造そのものである。

 

そして、米が精米され、保管・運搬され、消費される。その姿は、人間の意識形態でもある。

 

建築物や米は、上部構造の拠点であり、意識形態の表れでもある。つまり土台(物質的な存在)は、他の力を借りることなく、それじたいが上部構造・意識形態を表しており、自立している。

 

上部構造や意識形態は、そうではない。

 

上部構造は、土台や意識形態によって表されるほかなく、意識形態は、土台(物質的な素材)や上部構造によって表されるほかない。つまり上部構造と意識形態は、たがいを必要とし、どちらも土台に依存してはじめて存在できるという意味で、自立性に欠けている。

 

地所があってはじめて家が建ち、地所と家は人間の意識のあり方を表す。

 

それと同じように、土台(物質的なもの)を拠点にして上部構造(人間の組織)が活動し、土台と上部構造は人間の意識を表す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
地上の上部構造は組織の入れ物 マルクスの比喩は相当うまい!

海野聡(うんの・さとし)『建築が語る日本の歴史』吉川弘文館、2018年7月。

 

「建築は歴史の舞台であり、歴史を語る生き証人」1頁

 

従来の建築史学は、建築の技術面に焦点をあてる傾向があった。だが現存する建築物は、歴史的経緯をへて継承されたものであり、その存在じたいが歴史を語っている。そういう角度から、歴史的建築を見直した本。

 

そういう目でみると、建築物とか構造物というものには、三種類あるように思う。

 

 

 

 地面の上にたつ建築物は、マルクスのいう「上部構造」の入れ物である。

 

建築物じたいは物質であり、社会の<土台>であるが、人間の組織は、都市を囲む壁、墳墓、寺社教会、城、塔、公共建築物、ビル、人家など、地上の建築物を拠点にして活動する。

 

マルクスは人間の組織を「上部構造」と表現した。たしかに、組織という人間世界の「上部構造」は地上の建築物すなわち「上部構造」を拠点にしている。

 

ある社会の主要な上部構造(国家権力などの大組織)がどのような建築物を拠点にしているかを見ると、歴史の変遷がわかる。

 

 

他方、構造物は地下にも作られる。運河、水路、港湾、トンネル、地下鉄といったものがそれである。

 

山や谷のような地形のあり方も、人間が利用するときは構造物(土台)の一種である。だから人間は、山を崩したり谷に橋をかけたりして改変してきた。

 

地下のものは、目立たない。土台のなかでも下のほうにある、いわば<土台のなかの土台>である。

 

これらの地下構造物の変遷を見れば、社会の深部の変化がわかる。

 

 

 

そして、両者の中間もある。地表の道路や鉄道や航路、そして山林や耕地。作業場や機械類も、地表にありながら移動も可能な構造物であり、人間の労働(生産と交通)がおこなわれる場である。

 

これらは地下の土台と地上の上部構造の中間物、あるいは両方の役割を兼ねる存在かもしれない。

 

 

 

地上にせよ、地下にせよ、地表にせよ、土台の特徴のひとつは、人間よりも寿命が長いこと、そしてたとえ壊される場合でも、物理的に次の土台の前提になることである。

 

「土台」をつくった人たちは亡くなっても、残った建築物やその遺構は、社会の物質的基盤として長い生命力をもち、かつ歴史の「生き証人」となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
神は音楽 生命は歌 生活はストーリー 

「神とは音楽だ  To me, God is music. 」

 

と私にいったアメリカ人がいた。

 

なるほど、うまい。だが、人間は音楽一般を聞くことはできない。

 

音楽一般を具体化したものが必要だ。それが歌である。

 

聖典、聖人、聖像は、われわれに「生」と「死」の意味を繰り返し歌う。

 

人々の生活も歴史は、歌のストーリーである。

 

われわれはストーリーによって、現実の世界から観念の世界へとトランス(自己超越)する。

 

「死」=「不帰」とは、現実の世界から観念の世界へのトランスをやめることだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
マルクスにコピー機とワープロとインターネットがあったら...

『マルクス・エンゲルス全集』は、大月書店発行の日本語版で40巻余り。各巻とも分厚く、二段組でぎっしり文字が詰まっている。

 

著書だけでなく、ノート類とか書簡とか、二人が新聞雑誌に寄稿した記事も入っている。

 

さあ、これを全部読んでみろと言われたら、ご当人たちでさえ、きっとためらうことだろう。

 

マルクス(1818-1883)は、資料や本の文章はおろか、図や化学式などまでペンで書き写しながら考えた。当時、万年筆はすでにあったらしいが、もちろんワープロやコピー機はなかった。

 

もしマルクスとエンゲルスがワープロやコピー機を使っていたら、どうなっていただろう。ましてやインターネットで情報収集できたら、どうなっただろう。

 

『全集』は、間違いなくいまの何倍にもふくれあがっただろう。

 

著作という表現労働にも、時代ごとに標準的な「生産力」がある。生産力は、労働時間の延長か労働効率の向上によって上がる。ワープロとコピー機とネットは優れた生産(著作)手段であり、労働効率を向上させることによって執筆者の生産力を増大させる。

 

著作手段の改良は、いわば1日の時間が長くなったような、寿命が延びたような、著作量の増大を生む。

 

ただでさえ飛び抜けた著作力をもっていた二人が、現代の著作手段を手にしていたら... と考えると、楽しみのような、怖いような...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 07:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
なぜ文字を見て意味がわかるか <読む>トランス

われわれは文字を見ると、その意味がわかる。

 

どうしてそんなことができるのか。

 

それは、認知した文字の列と、それにふさわしい認識を対応させる能力がわれわれにあるからである。

 

この能力を「認知力」と呼ぶと、<読む>ということは、次のようなトランスの運動である。

 

 

 

 

              【 <読む>トランス 】

 

 

          認識        ← 対応      文字

 

            ↘         ↗

                                       意味     規範     認知

               ↘     

 

              認知力・対応力

 

 

 

 

読み手は、自分の認知力で描線を文字として認知し、この認知の内容にふさわしい認識と対応させる。

 

対応は、等置という客体から転体への転態ー超越ーの形態のひとつである。

 

なぜ文字と認識を対応させると意味がわかるかというと、このトランス▽の真ん中で、文字についての形態規範=表象と、表象に対応する概念という規範が働いているからだ。

 

<読む> ことは、認知力・対応力がつくる上記のトランスによって可能になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「歴史」は history の翻訳語!

「歴史」という言葉の来歴を調べてみると、ちょっと驚く。

 

ウィクショナリーの「歴史」の項目によると、「史」という文字を「時間経過共に変化してゆく人間社会の、までに変化してきたその過程または、そのでの出来事」の意味で使った早い例は、司馬遷の『史記』(紀元前1世紀)という書名。

 

もともと「史」は 中+又でできた字で、木の枝などに神への祈りの言葉を書いたものを結びつけ(中)、それを手でもっている(又)様子から。つまり、ほんらいはそうした祭事にたずさわる人、公式記録をつかさどる役人のことを言った。そこから、そうした役人がつくる歴史書のことも「史」と呼ぶようになっていったらしい(『新漢語林』)。

 

司馬遷は公式記録編纂官=太史令であったため、彼の著述ははじめ『太史公書』と呼ばれたという(ブリタニカ)。同書が『史記』と呼ばれるころには、「史」という字は記録役人というほかに<過去の出来事、物事の由来、そしてそれを記した書>といった意味も込められるようになったのかもしれない。

 

次に「歴」という字は、屋内に稲を整然とつらねた形に「止」つまり足をつけた字で、「ほどよく並べた稲束のあいだを数え歩くさま」を表しているという(『新漢語林』)。そこからの連想か、「歴」の字を「飛び越える」の意味につかった例がある(「不歴位」=「位を超えず」孟子、離婁下)。だとすれば、この「歴」はトランス(超越)である。そういえば「歴然」という表現には、「断絶して」「飛び越えて」というニュアンスがある。

 

以上のことから、「歴史」という文字からは、過去の出来事、物事の由来(史)をきちんと調査・整理して認識し(歴)、きちんとした人がそれを書き述べたもの(史)といった意味が考えられる。だがじっさいには、明治以前に「歴史」という表現はあまり使われず、「史」の一字で「歴史」の意を表すのが普通であった。

 

「歴史」という語が普及したのは、明治初期に英語の history の翻訳語とされて以降であった。

 

「歴史」は、古くからの漢語というより、英語の history から日本人がつくった近代の造語なのである。

 

和製漢語「歴史」は、中国やベトナム、朝鮮半島にも輸出され、いまや東アジアの共通語彙になっている(https://ja.wiktionary.org/wiki/歴史)。

 

明治になって、和学や和算が西洋流の言語学や数学に乗り換えたように、歴史学も過去とは断絶した近代の概念だということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
皇室的歌調は外部からの枠 昭和天皇の歌 草稿見つかる

昭和天皇は、生涯に一万首もの歌を詠んだが、その作歌の過程の一部を示す資料が見つかった。

 

 

https://www.asahi.com/articles/ASM145G11M14UTIL01X.html?ref=nmail

 

 

空想的なものが嫌いで、小説などは読まなかったという昭和天皇だが、歌というかたちで想いを記すのは日課になっていたらしい。

 

記事によると、見つかった草稿に、

 

 

うれはしき 病となりし弟を おもひかくして なすにゆきたり

 

 

とあったという。1986年夏に肺がんとわかった弟・高松宮を思う歌。昭和天皇にとって高松宮は、幼時いっしょに遊んだ近親である。天皇ともなると、すぐに見舞いに行くわけにもいかなかったようだ。

 

この草稿は、助言者の歌人のアドバイスをうけて、

 

 

うれはしき 病となりし弟を おもひつつ秘めて 那須にゆきたり

 

 

と修正のうえ発表された。

 

なるほど、修正後のほうが格調は高いが、草稿の「おもひかくして」のほうが、個人的な感情がよく出ている。

 

天皇という立場では、歌ひとつにも個人的な感情の表出を抑制しなければならなかった。

 

しかしそうした制限が、独特の皇室的歌調を生んだのも、事実のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
素朴概念から科学概念へ それは飛躍である おわり

「素朴概念」は、物理教育だけの話ではない。

 

 

たとえば英語についても、中学校にあがったころの子どもがもつ「素朴概念」(思い込み)がある。

 

たとえば、アルファベットは小学校で習ったローマ字と同じだから、日本語風に読むのだろうという素朴概念。ふだんの生活でカタカナ語がたくさん使われていることも、英語をローマ字読みする原因になっている。そのため、history を「ヒストリー」と日本語読みして、それが英語だと思ってしまう。

 

もうひとつは、英語は日本語に訳せたときわかったことになるという思い込み。これはテレビや映画や教科書や単語帳で「和訳」をくりかえすことで、ますます強固になる「素朴概念」である。

 

 

歴史の場合、好き嫌いというレベルでの「素朴概念」がつくられやすい。歴史では、戦国武将など、生身の人間(の概念)が登場するので、日常的な「素朴概念」がかなり活用できるところに特徴がある。

 

まずは「素朴概念」によって歴史上の人物や遺物に興味をもてるなら、それは良いことである。だが、素朴概念だけで事が済むなら、歴史学はいらない。素朴概念を超える思想的な概念をうちたてなければ、歴史学は学問とはいえない。

 

 

...

 

 

注意したいのは、素朴概念を攻撃したり洗練させれば、いつのまにか科学概念になるかというと、そうではないということだ。

 

上記の新田論文は、生徒の素朴概念をそのままにして物理の授業をやっても、物理の概念は「試験が終わるとともに捨て去られ」るとか、授業で素朴概念の誤りを指摘しても「殆ど効果はない」と書いている。ちょうどそれは、病気の人に病状を説明しただけでは治療にならないのと同じだ、と。

 

素朴概念は概念上の「病状」なので、本人が科学概念を自分で運用して納得することが、すなわち治療になる。

 

学校は、生徒が素朴概念から科学概念への飛躍=治療をなしとげるための施設である。

 

その飛躍を楽しくする工夫が大事だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(おわり)

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
素朴概念から科学概念へ それは飛躍である その1

力学の教え方について、面白い論文があった。

 

 

 

新田英雄(東京学芸大・教育学部)「素朴概念の分類」(『物理教育』2012年)

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/pesj/60/1/60_KJ00007943563/_pdf/-char/ja

 

 

 

生徒が抱きやすい「素朴概念」つまり物理の正確な理解をさまたげる日常的な「思い込み」を分類し、一枚の表にまとめた論文。

 

物理が苦手だった私からみて、とくに身につまされる? 素朴概念は、次の二つ。

 

 

「物体の運動を予測するとき、その状況に近い自分の経験をもとに運動を考察する」という傾向。

 

たしかに私も、狭い「自分の経験」や五感に固執して、物理学の概念を拒否していた。

 

いま考えれば、日常的な感覚を超える概念をうちたてたからこそ、物理が学問になったのだ。ふつうの経験で物体の運動が正確に予測できるなら、専門分野としての物理学はいらない。

 

高校までの科学は、五感を超える概念をうちたててきた人間の営為への敬意と、そうした科学的思考のマナーを身につけることが、主要目標になるのではないか。

 

 

「離れて働く力は理解しがたい」という素朴概念。

 

一般人には引力が納得しにくいことを言っているのだが、この素朴概念は、<性質の異なる精神と物質が、互いに関係しあうのはなぜか>という古くからの哲学の問題(心身問題)と、構造が同じである。引力も心身問題も、「離れて働く力」の正体を探っているからだ。

 

物理学では、「引力」という概念で「離れて働く力」を特定したし、正確に計算までできるが、哲学では、精神と物質のあいだで「離れて働く力」の正体はまだ認知されていない。

 

心身問題への答えは、認識力や行動力のような、人間なら誰もがもつ「人間力」である。引力に似て、それは精神と物質を関連づける「力」である。人間力は、養成に必要な時間の長さや、能力を発揮している時間の長さを基準にして、社会的に測ることもできる。

 

もし人が、「人間力」という心身問題への答えに納得しないとすれば、その原因はやはり素朴概念である。離れているものどうしが力を媒介にして関係しあう「引力」という科学概念が、素朴概念にとっては納得しにくいのと同じ構図である。

 

なお、最近の素粒子論では、引力の実体がさらに議論されているらしい。「人間力」についても、その内実がさらに分類・探究されるべきである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック