ごきげんようチャンネル


"Obama got in, and he is the pawn of globalized interest." Naomi Wolf



ファラデー『ろうそくの科学』(1861)の真実

 

ファラデー『ろうそくの科学 The Chemical History of a Candle』(1861年)は、いまも科学少年・科学少女を生みつづけている名講演録(英国王立研究所にて)。

 

ファラデー(Michael Faraday, 1791 - 1867)はイギリスが生んだ大化学者で、私は化学が専門の大学同僚から、「ファラデーは、ろうそくの科学だけじゃない。化学史では本当に偉い人なんだ」と教えてもらったことがある。

 

『ろうそくの科学』を読んでみると、日本では幕末にあたる時期に、ヨーロッパではこれほど科学的な世界観がつくられていたことに驚く。カント、ヘーゲル、マルクスといった19世紀の思想家が、当時の自然科学の発展に常に注目していたのもうなづける。人間や社会にかんする思想は、いつも自然観とペアで発展する。

 

『ろうそくの科学』は、今日の地球温暖化問題にもつながっており、夏休みの子どもの読書にも適している。

 

以下、講演のなかのいちばん面白いところを要約してみよう。

 

 訳文は、http://www.genpaku.org/candle01/candlej6.html を元にさせてもらったが、読みやすくするため、主旨を変えない範囲で、かなりの省略と字句の変更をほどこした。

 

 

 

 

 

 

さてここで、わたしたちの研究対象のとてもおもしろい部分にみなさんをお連れしなければ。

 

それは、わたしたちの体内で起こる燃焼についてです。

 

わたしたちは一人残らず、生き物としてロウソクによく似た燃焼プロセスをもっています。

 

もともと炭素は、空気に触れても勝手に燃え出したりしません。ところが、肺の中に空気が入ったとたん、炭素は酸素と結合します。人間は凍死寸前になるような低温でも呼吸によってすぐに炭酸ガスを生む。だからうまく生きられるわけです。

 

この炭素のおもしろい働きがどれほどのものか、お話ししたら驚きますよ。ロウソク一本で、4時間、5、6、7時間でも燃えるでしょう。すると、一日で炭酸ガスになって空気中に出ていく炭素がどれほどになることか! 呼吸するわたしたちから、どれほど炭素が出ていくことか! これほどの燃焼や呼吸があると、すさまじい炭素が変換されているはずです!

 

人一人は、24時間で炭素200グラムを炭酸ガスに変換します。馬は24時間で炭素を2.2キロ燃やして、自然な体温を保ちます。温血動物はすべて、このようにして体温を保つんです。その結果、空気中で行われている変換は想像を絶するものになります。548トンの炭酸ガスが、ロンドンの呼吸だけで毎日生産されているわけです。

 

それはどこへ行くんでしょうか? 空中にです。炭素が燃えると、それは気体になって大気に放たれます。大気はすばらしい乗り物で、炭酸ガスを他のところに運んでいってくれる。

 

でも、そうしたらどうなるんでしょうか。

 

すばらしいことがわかっています。呼吸で起きた変化は、われわれには有害ですが(だってわたしたちは、同じ空気を二回以上は呼吸できませんから)、地表に生える植物や野菜にとっては、それがまさに命の源になっているんです。一方にとっての病気が、相手に健康をもたらすのです。

 

水の中でもそうです。魚は空気から水にとけた酸素を呼吸します。そして炭酸(二酸化炭素)を作って、それがめぐりめぐって、動物の王国と植物の王国をお互いに依存させるというすばらしい仕事をするわけです。

 

したがって、わたしたちは仲間の存在物すべてに依存しているわけです。自然はすべてお互いにいろんな法則で結びあわされて、その一部が別の部分に貢献するようになっているわけです。

 

さて、講義の終わりにあたって、申し上げられることといえばこんな希望を表明することだけです。

 

あなたたちも、自分の世代において、ロウソクに比べられる存在とならんことを。あなたたちがロウソクのようにまわりの人々にとっての光明となって輝きますように。それによって、小さなロウソクの美しさに恥じない存在となりますように。

 

 

 

 

最後に、ブッダが語ったという「ろうそくのたとえ」を書いておこう。

 

一本のろうそくで何千本ものろうそくに火を灯すことができる。しかし、それで一本のろうそくの火の命が短くなるわけではない。幸福も、分かち合うことで減ることはない

Thousands of candles can be lighted from a single candle, and the life of the candle will not be shortened. Happiness never decreases by being shared.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
必見! 宇宙の花火

花火の季節。

 

TIMEで見つけた、宇宙花火 cosmic pyrotechnics と題する写真集の一枚.

 

この不思議な星雲の青い光は酸素の分子だという.

 

左下の白い光はさらに遠くにある銀河.

 

 

Nebulae
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スマホ万歳!60代だってやるぞ〜〜

やっとスマホに変えた。三日ほど使っているが、なかなかいい。

 

携帯ともパソコンとも違う使用感がある。誰かが、これからはすべてが

スマホに集約され、パソコンは時代遅れになるだろうと言っていたが、

本当にそうかもしれないと思ってしまう。

 

われわれの世代(60代はじめ)は、レコード・カセットテープからCDへ、

タイプライターからワープロへ、パソコンからスマホへと、日常生活

で使う機器が10年単位くらいで次々と変化し、その都度あたらしい

使用方法に慣れるということを経験してきた。

 

60代になると、さすがにこうした新技術の習得がしんどくなる。携帯から

スマホに変えるのが遅れたのも、正直、あたらしいものの扱いを覚えるのが

面倒に思えたからだった。

 

しかし、「もう年だから昔のままで…」という言い訳はしないことに決めた。

 

新技術といっても、一般のユーザー向けのものは、そうたいした技能が

要求されるわけではない。慣れればいいだけのことだ。

 

新技術で失うものより、得られるもののほうがずっと大きい。

 

スマホ万歳! そういえる年配者になろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
米国の国債暴落と<第二のマネー敗戦>の危機
アメリカの債務不履行危機は、共和・民主両党の妥協によって、一時的に回避された。

こうした不安定のゆえにドルへの不信が高まり、米国債の価格低下となれば、中国につぐ米国債保有国である日本は、大きな打撃を受けることになる。

第二の「マネー敗戦」が迫っているのかもしれない。









【資料】

(『しんぶん赤旗』2013年10月20日付けより)
 

海外勢の中で米国債を買い支えているのは圧倒的に日本と中国です。米財務省の直近の統計(7月時点)によると、日本が保有する米国債は1兆1354億ドル(約111兆円)。米国外で保有される米国債の20%を占めています。2000年の約3000億ドルから4倍近くに急増しました。2008年以降、世界最大の米国債保有国になった中国(1兆2773億ドル、構成比23%)に次ぎ、日本は世界第2の米国債保有国です。

 米国債のデフォルトは先送りされたものの、危機が去ったわけではありません。米国債への信用が揺らげば、日本経済にも多大な影響が及びます。

 日本政府や金融機関が保有する米国債も価格が下がります。米国債を持つ銀行は保有資産に損失が出るため、貸し渋り、貸しはがしに走ります。投機筋が米国債を売り、資金の逃避先として日本国債を買うことで、円高ドル安が進む可能性があります。みずほ総合研究所の試算によると、5%の円高が生じるといいます。円高は日本の景気を冷え込ませ、賃下げや雇用情勢の悪化につながりかねません。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-20/2013102004_01_1.html











 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヒッグスさんはヒグズさん ノーベル賞受賞を知らなかった爺さま
ノーベル物理学賞が、イギリスの物理学者Higgs さんたちに与えられたことが話題になっている。

ある記事によると、Higgs 氏は、町を歩いていたところ、車から降りた女性に呼び止められ、自分がノーベル賞を受賞したことを知ったという。


http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2013/10/11/232208373/peter-higgs-learned-about-his-nobel-from-a-neighbor


この女性は以前、Higgs 氏の隣に住んでいた人で、この人も自分の娘から電話で教えてもらい、たまたま道でHiggs氏を見かけたので、声をかけたらしい。

ご本人は、


「自分が生きているあいだに、Higgs bozon が証明されるとは思っていなかったし…」


と、当惑ぎみ。

シャイで素朴な人柄で知られるHiggs 氏らしい話だが、この記事で私が気に入った部分がある。


ひとつは、この日彼は、町を散策して、「レストランでビールとスープを食して帰るところだった」とのこと。物理学者だって、ビールとスープが好きなのだ。

もうひとつは、Higgs 氏が受賞を知らなかった最大の原因が、携帯電話をもっていないからだったということ。そう。携帯をもっていない偉い人だっているのだ。


最後に、ちょっと苦言(?)

Higgs という人名の読み方だが、日本ではなぜか「ヒッグス」と表記されている。

しかし、この人の名前の読み方は、「ヒグズ」に近い。

「ヒグズ」が言いにくいのはわかるが、個人名だから、あまり違う発音で呼ぶのは少々失礼かもしれない。


といっても、きっとこの人、「へえ、そうかい。そういや、俺はヒッグスだったような気がするな」くらいのことは言いそうである。










 
| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TPPを止める直接行動を
TPPの行方は、もう決定していると言ってよい。



先日、新参加の日本に経緯を説明する「日本セッション」が終わった。次回会合は8月末に予定されているという。

ところが、驚くべきことに、「基本合意は10月、交渉は年内妥結」の線で、参加11カ国はすでに一致している。

日本政府は、「説明」を受けてからわずか数ヶ月で、きわめて重大で複雑な協定を受け入れようとしているのである。



http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130720/fnc13072011220007-n1.htm





予想どおり、日本の代表団は、数千ページにおよぶ案文を受けとったばかりなので、これから研究するなどと、トボケたことを述べている。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-25/2013072501_03_1.html





これほど人を馬鹿にした話も珍しい。

重要な問題について、<これから勉強する>と言いながら、実際には、すぐに合意に参加するつもりなのである。





国会は、数のうえでは期待できない。

大手マスコミも期待できない。



他国と同様、これは民衆の直接行動が必要になるだろう。












| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
地球が核汚染されたイースター島になる 原発の<地元同意>論について


高速道路を西に向かいながら、沈む太陽を見ていると、


<ああ、太陽系だ>


と思う。


昔は夕焼けを見ると神秘的な気持ちになったが、今は太陽と雲の様子が純粋な物理現象に見える。

地球は太陽につなぎとめられた、宇宙の<球>なのだ。




ジョエル・レヴィ(柴田譲治訳)『世界の終焉へのいくつものシナリオ』(中央公論新社、2006年)。

この本によると、世界を終焉させる最大の脅威は、アメリカのイエローストーン公園のカルデラのような、超巨大火山の噴火である。

大量の泥流のほか、大気が煙霧におおわれて暗黒化・寒冷化が進行し、放出される塩素と臭素によってオゾン層が破壊され、「紫外線の春」が訪れる。282−283頁。

これは、ずっと可能性の低い小惑星の地球衝突と同種の、人類の壊滅をもたらす。




それもそうだが、やはり愚かなのは、人間自身がたどる自己破滅への道である。


原発の運転再開には「地元自治体の合意」が必要だと言っているが、原発事故の破滅的な影響を考えると、再開には「地元」どころか、ほんらい地球の住民すべて、いや、地球上の生物すべての「同意」が必要のはずだ。




上記の本によると、「イースター島化」というコンセプトがあるらしい。320頁。


地球はイースター島になる。

それも、放射性物質に汚染されたイースター島である。



そうなっても、地球は太陽につなぎとめられて回りつづけるだろう。















| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハイテク商品への課税は脳への課税? アップル社の税金逃れから考える
アップル社をはじめとするアメリカのハイテク巨大企業の売り上げのなかに、米国でも外国でも課税されない部分があることについて、アメリカ議会で公聴会が開かれている。

むろん、アップル社側は合法性を主張している。

じっさい、現在のアメリカの税法じたいに「抜け穴 loopholes」があるためにこうなっているので、誰もこれを違法とすることはできないという。

そもそも、こうした売り上げの一部を税金として徴収して国家が使うよりも、企業が直接、雇用や開発に使ったほうが経済効率が高いという見方もある。

しかし他方で、アップル社などがアメリカで高学歴の優秀な社員を雇ったり、快適な環境で企業活動ができるのは、アメリカの納税者が大学や消防署、道路などをまかなっているからで、これにたいしてアップル社などはもっと応分の支払い=納税をすべきだという見方もある。

ところで、この話題で出て来た表現のなかに、ソフトウエアなどの知的財貨 intellectual property は、車などの現物財とちがって、「現実には存在しないもの things that don't actually exist」だというがあった。



Today's economy, the digital economy, deals in many ways and particularly Apple in things that don't actually exist, computer programs, songs that you download, intellectual property.

And those things can flirt across borders without leaving a trace, which creates a challenge for today's tax system.


http://www.pbs.org/newshour/bb/business/jan-june13/apple_05-21.html




たしかに、コンピュータのプログラムや音楽は、「現実には存在」しないようでもある。

しかし、われわれ人間にとって、プログラムや音楽はたしかに「存在」するものでもある。

いったい、ものが「存在」するとはどういうことか。

この問題は、人間の意識や感覚が、脳のそれぞれの部分に「存在」するという脳科学的な見方とあわせて考えると、おもしろい。

プログラムや音楽は、いったい脳のどこに「存在」するのか?

もし脳のどこかに存在するなら、プログラムや音楽に課税するということは、脳に課税するということなのか?











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
産業と自然科学が与える世界観上の影響について おわり
産業革命にともない、石炭・鉄鉱石などの資源探索が盛んになり、物資輸送用の運河掘削、鉄道施設のためにも、地質の研究が必要になった。

地層の研究は地球史への関心をかきたて、化石の分類を刺激し、ひいては生物の進化についての考察を誘った。

ダーウィンがビーグル号に乗り込んだのは、当時盛んになった地質学の調査のためであった。

そういえば、ダーウィン(1809-1882)はまさしくマルクス(1818-1883)と同時代人であり、同じ時期、同じイギリスにいた。

そう考えると、19世紀における学問の発展は、産業革命のために足元を掘り起こし、鉱物資源を発見し、運河や鉄道で地表を変化させるという根本的な変革を背景にしていた。

ダーウィンもマルクスも、産業革命と、それによる自然観変革の子だったと言ってもよかろう。

今日でも、学問は産業と自然観の変化を背景にして変わっていく。

資本のグローバル化や原発や軍事力などの反人類的産業、そして自然破壊といった事態を正面にすえない学問は、ほんとうの学問ではない、とさえいえる。

そして偉大な学説は、いったん社会的に受け入れられると、以後の人々の世界観を永遠に変えてしまう。










(おわり)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
産業と自然科学が与える世界観上の影響について その1
マルクスの「(社会)構成体 Formation」という用語は、地質学の「地層 formations, strata」からヒントを得たものだという説明がある。(不破哲三『古典への招待 上』新日本出版社、2008年、298頁)

おそらく、長い年月のあいだに地表が降下したり隆起したり沈殿したりして分厚い複雑な地層ができるように、社会も質のちがうもの、古いものと新しいものが関連しあって、ひとつの構成体をつくりながら変化するというイメージからきたのだろう。

「地層」で思い出したのが、マルクスがイギリスに亡命していた当時、19世紀半ばのイギリスは、地質学が大発展した時代だったという指摘である。(筒井泉「漱石の『猫』とホートン」『図書』2012年10月、7頁)










(つづく)










| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 今さらながら現代サイエンス | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック