ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


みんなで英語「ぺらぺら」になろう! <大日本ぺらぺら党>へようこそ おわり
この対談に出てくるフレーズに、次のような部分がある。




「だから、これは『ペラペラ』英語を話せる人を作って、本当の意味でのグローバル人材を潰す政策ですよ。」(大津氏、133頁)





ある雑誌の記事に、「英語ができて、仕事ができない若手社員たち」というのがあったそうだが134頁、大津氏がいう「ペラペラ」というのは、そういう紙のように薄い「ぺらぺら」人材のことであろう。


政府・財界・保守政党は、中身のない(文法も語彙も発音も教養も怪しい)、frivolous な、自分たちにそっくりだが、英語らしきものは口にする「ぺらぺら」人間がつくりたいわけだ。




官僚・財界・保守政党は、<大日本ぺらぺら党>の党員である。彼らは<ぺらぺら>と、こう叫ぶ。




<わが亡きあとに洪水は来れ!>











(おわり)










| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
みんなで英語「ぺらぺら」になろう! <大日本ぺらぺら党>へようこそ その4
③ こうした事態が進行する原因は、教育をめぐる体制の欠陥にある。


そもそも日本には、英語教育政策を研究している人は「ほとんどいません」。149頁。

学習指導要領はいちおう英語科目の「専門家」がかかわっているが、文科省官僚あるいは英語教育に素人の政治家の言いなり。146頁。

<コミュニケーション志向>なるものの推進の中心は、楽天の三木谷氏などの財界。134頁。

企業は人材養成の余裕がないので、かわりに学校で<英語が使える社員>をつくらせようというわけである。

その財界の代弁者は、自分は英語ができない保守政党の政治家たち。148頁。

そこへ、<英語が話せない>親たちが、子どもには<英語で苦労させず、うまく就職させられるかも>という幻想をあおられて、小学校の英語だの、大学のTOEC対策だのに賛成する。



ついでにつけくわえれば、日本の大学にも役所にも、中高で教える内容を改善できる人材と仕組みがすっぽりと抜け落ちている。

たとえば、わかりにくい学校英文法を根本的に改善しようとする人材も、そういう人材がでてくる仕組みも存在しない。




つまり、きちんと検証したり考察したり提言したりする人材と仕組みが欠落しており、そこに生まれた自由な空間?を活用して、財界の要求を背にした人気取り政治家が<コミュニケーション志向>なる浅薄な政策を具体化し、それに世論・マスコミの支持をとりつけて、本当に実行してしまう。


TPPなどと同じ構図である。



こうして、愚劣が正当化され、堂々とまかり通る。

まず、庶民が愚劣の犠牲になり、そのツケは、やがて官僚・財界・政党・マスコミ自身に及ぶ。








(つづく)











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
みんなで英語「ぺらぺら」になろう! <大日本ぺらぺら党>へようこそ その3
② 政府・保守政党・財界が躍起になっているのは、すでに失敗した英語教育政策をいっそう加速させることである。これにより、日本の英語教育は完全に破綻する。


現在、中高の英語は、すでに読解・文法中心ではなく<コミュニケーション志向>になっている。それは1980年代の臨教審にはじまったもので、約20年にわたって実施されてきた。(鳥飼氏、120-121頁)

その間、たとえば1995年以来14年間の高校入学時の英語力を調査した結果によると、子どもたちの成績は一貫して下落しつづけている(偏差値換算で7.4)。(江利川氏、127頁)

すなわち、失敗したのは<コミュニケーション志向>の英語教育のほうであって、一般にイメージされているように、かつての<読解・文法中心の英語>ではない。

<読解・文法中心の英語>は、すでに中高の授業の中心から外れているのである。

このことから、<コミュニケーション志向>がまだまだ不足しているから成績が落ちているのだ、とイメージする人もいるだろう。

だが、この本の著者たちは、逆に、20年つづいた<コミュニケーション志向>の英語政策こそが、英語力低下の原因だと考えている。



だとすれば、これから起こることは何か。

いったん小学校の英語が教科化されると、もう簡単には元にもどせない。

すると、




「中学校入学の時点でモチベーションがぐっと下がったまま入ってきて、中学校の荒廃がもっと進むでしょうね。」(江利川氏、157頁)




こうして、小学校にはじまって「中高までもがだめ」(大津氏、157頁)になり、英語教育全体が「まさに、破綻」(斎藤氏、157頁)する。










(つづく)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
みんなで英語「ぺらぺら」になろう! <大日本ぺらぺら党>へようこそ その2
① そもそも、中学高校の授業だけで、ひとつの外国語が<話せる>ようになるーそういう可能性はない。

このことは、座談会のなかで何度か指摘されている。(128頁以下)

なぜ不可能かを数字でみると、たとえば中学なら全教科の総時間数が週30時間ほど。ふつう、英語はそのうち4時間ほどで、多くても6時間が限度。151頁。

すると、中高あわせて、英語の時間は1000時間程度。

このくらいの学習でひとつの言語が<話せる>というのは、このぐらいの練習で甲子園に出場できると信じるのと同じくらい、空想的である。129頁。




「日本語が世界9位の巨大言語で、日常生活で英語を必要としない、あるいは大学教育まで日本語でやれるような国が、[TOEFLの成績が]低いのは当たり前なわけです。」(江利川氏、141頁)




外国語を話すというのは、簡単にはできないことなので、中高の授業だけでみんなが出来るようになるのは到底無理。

強い関心と意志のある人が努力を重ねて、やっと出来るようになる。それが外国語である。

中高での「英語」の目標は、その手前までの基礎を身につけることにある。






とはいえ、同じ授業時間数でも、やり方を改善する余地はあるだろうと思う人もいるだろう。

それはそうなのだが、英語の授業が実際にはどう「改善」されてきたか、一般の人はその中身を知らないで、自分が受けた授業のイメージのままでいるが実情である。










(つづく)

















| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
みんなで英語「ぺらぺら」になろう! <大日本ぺらぺら党>へようこそ その1
小学校で英語が教科化するほか、大学の入試や卒業用件にTOEFL のような外部試験の導入を提言するなど、自民党政権になっていっそう加速した英語教育「改革」への動きに、4人の有識者が真っ向から批判を加えた本が出た。



大津由起雄・江利川春雄・斎藤兆史・鳥飼玖美子『英語教育、迫り来る破綻』(ひつじ書房、2013年6月)




このなかに著者四人の座談会が収録してあり、これがなかなか良い内容で、私自身、誤解や勉強不足を反省させられるところがあった。


主なポイントを拾ってみる。










(つづく)











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ニッポンの「すごい」英語教育  改革は長い戦いに
こういう文章を見つけた。



「私は中学・高校の間、英語が苦手でした。先生に当てられるのがとても嫌でした。その結果、6年間の勉強はまるで身につきませんでした。

日本人の英語については明治以来、数かぎりない書物が出ていますが、100年以上、まったく解決していません。

これはすごいことです。」




筆者は、河田聡・大阪大学大学院工学研究科教授。若いころ、カリフォルニア大学で研究助手をつとめたことがあり、ナノテクノロジー分野の第一人者でもある。

河田氏の文のつづきを見てみよう。




「こんなに真面目に努力する国民が、6年間英語を一生懸命勉強しても、誰も満足に話せない・聞けない・書けない・読めないなんて、日本の英語教育学者の責任はきわめて重いと思います。

『小学生から英語を教えたい』と言った文部科学大臣がおられました。…しかし、これこそが日本人に英語を話せなくしてしまう間違った教育方法そのものです。

中高6年間の英語の苦しさを、小学校にまで広げて、英語苦手の人口を増やすだけです。そんなことをしても、小学校の先生や児童がかわいそうなだけです。」




こういう批判もあるので、小学校の英語では中高とちがって、楽しい授業、コミュニケーション中心の時間ということになっている。

しかし、理念も方法もない英語教育の現状では、河田氏の言うように、小学校の英語教育が苦難と無駄の上塗りになる危惧は消えない。

いきおい、河田氏の結論は、次のようになる。



「それよりも、中高6年間もの間、英語を勉強してなぜ日本人が英語を話せないかを科学的に解明し、教育方法を根本的に変えるべきです。」




(以上の引用は、河田聡『論文・プレゼンの科学』アドスリー、2010年、104頁から)







けっきょく、必要なことは次の2つであろう。




・現在の英語教育に十分絶望すること。勉強時間や「会話」の分量が少ないから、といった量的な問題ではないことを多くの人(とくに親)が認識すること。



・替わりになる方法を早急に開発すること。ただし、開発しても、それが本当によりよい方法であるかはわかりにくいから、行政はそれを容易には採択しない。また、かりによい方法が採択されても、短期間に多くの教員がそれを実行することは不可能である。したがって、英語教育の改革は、長期にわたる戦いになる。このことを多くの人が認識すること。




国民の認識の深化と、民間での多様な試みが改革の原動力になる。















| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本当に「ジャパニーズ・イングリッシュ」でいいのか?(再掲)   おわり
英語はわれわれにとって不自然な身体の動きである。

映画 Million Dollar Baby で、コーチ役のクリント・イーストウッドが言う。

"Everything in boxing is backwards."

「ボクシングでは、すべて逆にするんだ」

普通の人間なら右に動きたい時、ボクサーは左に動く。後ろに下がりたいという本能をおさえて前に出る。

自然の動きとはことごとく逆の動きを自分の骨にしみこませる。それがボクシングのトレーニングなんだと。

英語はボクシングと同じく身体の技術である。それを工夫しながら楽しむ。それが外国語というものである。

不自然な動きだから、難しいから、それが自然にできるようになったとき、うれしいし、自信がつくし、技と呼ばれる資格がある。

外国語は日本語から「自然に生まれ」たりはしない。




(おわり)





| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本当に「ジャパニーズ・イングリッシュ」でいいのか?(再掲)  その4
ジャパニーズ・イングリッシュでいいか。

真実は逆である。外国人ならばなおさらきちんとした外国語を話すように努力する必要があるのだ。

アメリカ大統領オバマ氏は、インドネシアで少年時代の三年間を過ごした。

そのとき母親はオバマ少年に英語の通信教育講座を履修させたという。キング牧師のスピーチもテープで聞かせた。

http://kishida.biz/column/2008/20081112.html

アメリカを離れていたので、オバマ少年には特別の英語教育が必要だと考えたのだろう。オバマ少年の肌の色を考えると、きちんとした英語を身につけることはアメリカに帰ってから大事だと思ったのかもしれない。

外国育ちとか人種的少数派とか、ハンディがあればあるほどきちんとした言葉を話すことは大切である。

外国人が外国語を話すとき、できるだけ正確で気品のある表現になるよう努力するのが当然である。

それを逆に「ジャパニーズ・イングリッシュでいいじゃないか」と開き直って、いったいどういう意味があるのか。

10年間日本語を「勉強」したという人が、いかにも怪しい発音のままで、しかも「それでいいじゃないか」と開き直っていたら、あなたはその人を尊敬するだろうか。





(つづく)





| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本当に「ジャパニーズ・イングリッシュ」でいいのか?(再掲) その2
たとえ話として、ここに水泳を習いにきた生徒がいたとする。

コーチをまかされた人が

「浮いてるみたいだからいいじゃないの。あとはあなたの自然のままでいい」

とコーチしたらどうだろうか。

水泳は人間にとって特別の行為である。浮いて進むだけでも難しい。さらに上達するのはもっと難しい。だから習いにきているのだ。

それを「まあそれくらいでいい。あとは自然に生まれてくる動きでいい」とは、コーチの名に値するか。

ものわかりがいいように見えて、じつは人の能力を見限り、コーチの責任を放棄している。





(つづく)





| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本当に「ジャパニーズ・イングリッシュ」でいいのか?(再掲)   その1
「ジャパニーズ・イングリッシュ」は「日本語を母語とするならば、自然に生まれてくる英語である」。

だから「ジャパニーズ・イングリッシュ」で「いいのではと思う」。

そう書いた本がある。

(河原俊昭「むすび どう考えればいいのだろうか」河原編『小学生に英語を教えるとは? アジアと日本の教育現場から』めこん、2008年2月、320頁)

「ジャパニーズ・イングリッシュ」というのは、発音や冠詞や単複や言い回しや発話態度が日本語っぽいことを言うのだろう。

われわれは「ジャパニーズ・イングリッシュ」しかできない。「ジャパニーズ・イングリッシュ」は恥ずかしい。恥ずかしいから話せない。話せないからますます「ジャパニーズ・イングリッシュ」のままになる。

だったら「ジャパニーズ・イングリッシュ」で開き直ればいい。あれはじつは恥ずかしくないんだ、通じればいいじゃないかと思いきれば積年の悪循環は断ち切れる。

だいたい、シンガポールだってフィリピンだって、堂々と独特の英語をしゃべっているじゃないかー

この論法は支持者がけっこういる。学校の英語教員にも内心そう考えている人がかなりいる。

はたして、本当に「ジャパニーズ・イングリッシュ」でいいのだろうか。




(つづく)



| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 小学校の英語教育 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック