ごきげんようチャンネル

Life is for those who have a hope.

Action is of those who embrace a yearning.

History is made by life and action, hope and yearning.


日本人は英語がうまい? マーク・ピーターセン氏の優しさ

文科省が「英語が使える日本人」を作るための「戦略構想」を発表したり、TOEFLの国際比較で日本人の平均点が低い(156カ国中144位だった年もある)といったことをとりあげて、「日本人はとくに英語ができない」という主張?がしばしばおこなわれる。

『日本人の英語』(岩波新書)で有名なマーク・ピーターセン氏(明治大学教授)は、これはでっちあげだと強調する。日本人がとくに英語が下手という事実はないと。

じっさい、TOEFLの平均得点が低いというが、TOEFLは受験料が高いから、日本以外では留学候補者のようなエリートだけが受験する。軽い気持ちで受験する人が沢山いる日本とは、もともと受験者の質が違う。だから「TOEFLの国別平均点は無意味な統計なのだ」(マーク・ピーターセン『英語の壁』文春新書、2003年、37頁)。

ピーターセン氏がもっとも嘆くのは、文科省自身が、日本の中学・高校の英語教員の英語力が低い、などと公言していることだ。ピーターセン氏の経験では、「地方をまわって現場の先生に会ってみると、むしろ英語力は驚くほど高い」という(同上書、37−38頁)

けっきょく、何が悪いかというと、「全員にいやでも英語を覚えさせる」という日本の教育方針なのだ。英語をどこまでやるかは個人の判断にまかせるべきで、しぶしぶやっているような人まで巻き込む火必要はないと、ピーターセン氏は力説する。

大学で、英語嫌いの学生にも教えているピーターセン氏の目からみると、「英語全員強制」の弊害は目に余るのだろう。

 

 


では、本当のところ、日本人の英語のレベルは、どうなのか? 

私としては、「ある意味で低いが、それは仕方がないことであり、かなり多くの国でも、似たようなものだろう」と答えたい。

たとえば、しょっちゅう使う「冠詞」(a とthe)について考えてみても、これがまともに使える自信のある人が、何人いるだろうか。


以前私は韓国の書店で、韓国人が読んでいる英語の参考書を手にしたことがあるが、冠詞については日本人と同じような注意が書いてあった。日本語と同様、韓国語にも冠詞がないので、冠詞を駆使するのは、韓国人にとっても著しくむずかしい。

そして冠詞のように面倒で重要な点については、どの国でもおおざっぱな説明・教育しか行われていないという実態がある。英語の冠詞がまともに使えるようになる外国人向けの優れた教育メソッドは、まだ存在しないのだ。

これでは、母語に冠詞がある言語の話者か、一部の非常に才能のある人くらいしか、英語がまともに出来るようにはならない。

英語教師を含む日本人の英語力は低くない、というピーターセン氏の主張は、半分は彼の優しさからくるものだと私は思う。英語で人間の優劣を決めるかのような日本の風潮に対して、彼のヒューマニズム(会ってみるとわかるが、彼はアメリカ中心主義とは縁のない人である)が許せないのではないか。

日本人の英語のレベルが国際的に低いと嘆いたり、それはなぜかと議論すること以上に重要なことは、英語が本当に身につくメソッドを一日も早く開発し、普及させることだ。

それがないのに、中学・高校の英語教師の英語力は英検準一級が目標(文科省)などと言ってみても、しょせんは夢物語 a pipe dream である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
英語を演奏する技術

中部大学の鶴田正道教授(当時。現在名誉教授、音楽美学)が、学内誌でこう述べている。

 

 


「総合芸術論でバイオリンを教えています。

バイオリンが大変すばらしいのは、楽譜が論理的に音楽になることですね。楽譜で見たのをすぐ音にすることができて、耳で聞くことができる。頭と心が瞬時に一致するんですね。

体を使いますから右手と左手が合わないといい音がしない。心身を整えて真剣に取り組める。」

(中部大学『ANTENNA』2008年8月号、2頁)

 

 


この文は、歌と比べたときの楽器の利点を述べている。

 



◆楽譜を「黙読」したり「音読」する(口ずさむ)のではなく、バイオリンのように指板上に音が整然と配列された楽器を使うと、楽譜に表された音どうしがもつ論理的関係が可視化されて、「楽譜が論理的に音楽になる」

 


◆楽器で演奏すると、「黙読」や「音読」とちがって、音楽を客観的に「耳で聞くことができる」



◆楽器は両手を使い体を使うので「黙読」や「音読」以上に「心身を整えて真剣に取り組める」



◆こうして、楽器を使うと「頭[論理的な理解]と心[音楽的な意味の表現]が瞬時に一致する」

 

 



自分の声を自分で聞く「音読」にまさる方法がある。それは、自分の身体を楽器にして演奏することである。

英語を楽器のように演奏する。身体を楽器にして両手で英語を演奏する。

その技術が、サウンド・ステップス(イングリッシュ・ジムの一部)である。
 

 

 

 


参考:三浦陽一『なぜ英語の発音はむずかしい?』(中部大学ブックシリーズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
文法・音法・書法という規範を習得するプロセスを商品にすること おわり

さて見えてきたことというのは、言語の音声表現や文字表記にもいくつかレベルの違う規範が存在するということである。

音声の基礎的規範を音素と呼ぶが、音声が具体的な語になるときの規範についてはとくに定番的な名称がないように思う。さらに語が文に入り文が集まって文章になるときの音声の規範については研究の蓄積が薄い。

文字表記の規範についてはさらに研究が少ないだろう。

むかし東後勝明氏の本に「英音法」という言葉があったが、見えない言語ルールたる文法・英文法に対して、聞こえない音ルールたる「音法」「英音法」があり、読めない文字ルールたる「書法」「英書法」があるということである。

してみれば音素のほかに「語音法」「文音法」「文章音法」があるとでも言えばいいだろうか。

音法の研究がすすんでいない原因のひとつは音法の基礎になる音素の理解が長いあいだ確定しなかったことにある。

サウンド・ステップスは英語の音素レベルの規範を確定したが、さらに「語音法」にまで高める必要があるし、これは可能である。

しかしサウンド・ステップスでは「文音法」「文章音法」までは無理がありそうだ。これはむしろセリフ練習的なレベルになるだろう。

言語の習得とは規範の習得であり、規範には文法・音法・書法の三つの側面があり、それぞれの側面にいくつかの段階がある。

それぞれの規範をそれぞれの段階にそって明らかにし、明らかにした規範を習得するプロセスを商品にすればよい。






(おわり)






| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
文法・音法・書法という規範を習得するプロセスを商品にすること その1

ひとつ見えてきたこと。

言語は語と文と文章からなる。この三つのレベルのそれぞれに独自の規範がある。

三浦つとむはそれぞれを「語法・文法・文章法」と呼び全体を「言語法」とでも呼ぶのがいいと述べている(三浦つとむ『認識と言語の理論 第三部』勁草書房、1972年、15頁)。

英語の場合なら、

仝譴砲弔い討竜範を語彙
∧犬砲弔い討竜範を文型
J絃呂砲弔い討竜範を文章法

と呼んだらどうかと私は考えている。規範の内容からみると,廊△法↓△廊に止揚される。

英語で「文型」といえば五文型の話になるのが普通である。これは狭義の「文型」と呼ぶことにして、疑問文の語順など英語を文として成立させる規範のすべてを広義の「文型」と呼んではどうかと私は思っている。

語彙と文型を区別しない人が多いが、これがひとつの語に多くの「用法」が成立するという煩瑣な辞書的説明や文法の混乱の原因になっている。

たとえばyesterdayは単独の語(語彙)としては話し手のいる時点の一日前を指す代名詞として成立した語であるが、文に入るとき(文型という規範にしたがうとき)は副詞としても使えるという文法が成立している。

言語は語彙のレベルでもっとも一般的な意味をにない、それが文→文章となるにつれてより特殊で具体的な意味へと止揚されていく。語としての外形は同じでも担う意味のレベルが異なるので運用のさいの規範も高度化するのである。

しかし語としてのyesterdayと文のなかのyesterdayは外形が同じであるため、語彙と文型をごっちゃにする悪弊が定着している。そのためにyesterdayひとつとっても自信をもって運用できない人がけっこういる。







(つづく)








| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
私の本を紹介します 『なぜ英語の発音はむずかしい? サウンド・ステップス美発音塾』

(以下は中部大学の学内交流誌『ANTENNA』#101 (2012年12月号)に載せた「自著を語る」を再掲したものです)


三浦陽一『なぜ英語の発音はむずかしい? サウンド・ステップス美発音塾』 


外交史の研究や翻訳で何十年と英語に接してきたけれど自信がもてない。留学もしたし英語の資料もたくさん読んだ。しかしどこに問題があるのかわからなかった。

数年前に気づいたのは、すべてが中途半端だったということだ。発音などは中途半端の第一のものだが、かといってシャワーのように英語を聞けだの音声学をやれだのではダメであることは経験からわかっていた。

 根本からやりなおす。それにはなぜそれが難問なのかを考えてみることだ。まるでカントだが、それをやってみたのがこの本である。

 人間が高度な言語能力を身につけるには文字を利用する。近代のイタリア語もフランス語もロシア語も中国語も日本語も、「国語」として成熟するには文字(正書法)の確立が不可欠だった。

ところが英語は西欧語のなかでもつづりと発音のズレが大きいままで今日に至っている。だから英語はとくに読みにくい。そもそもそこに英語のむずかしさが潜んでいるのだが、そこに気づく人は少ない。

 on, you, family, second, girl, young…こういう単語を辞書で引くと発音記号が載っている。意外な発音が書いてあって驚くはずだ。「アンテナ」はantennaだが、どこにアクセントがあるかわかるだろうか。

 どう読むのかわからない言葉をどうやって人は自信をもって習得できるだろう。発音記号は人類が生み出す言語音をすべて記号化しようという壮大な試みだが、そのはじまりは読みにくい英語を読めるようにしたいと切望したフランス人英語教師の小さな研究会だった。そういう「そもそも…」の話を書いてみた。

私が開発し本書で紹介した「サウンド・ステップス」は、英語という異質な声の体系を全身で感じとって私たちの「身」に入れる方法である。基本を詳解したが、これだけだとたんなるメソッドになる。将来はこのメソッドを内包しつつ日本人の身体能力を生かしたアートを創作したいと思っている。

 

 (中部大学ブックシリーズ ACTA16、定価700円+税)





 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
サウンド・ステップス美発音塾が出版されました

サウンド・ステップスの本、出版しました。

三浦陽一『なぜ英語の発音はむずかしい? サウンド・ステップス美発音塾』(中部大学ブックシリーズアクタ、2010年、700円+税)

目次を紹介すると、

第一章 言語と人は文字で育つ − 世界史が示していること

第二章 英語のつづりは読みにくい − ズレてしまったつづりと発音

第三章 発音記号の誕生 − フランス人も英語は読みにくかった

第四章 その「手」があったか! − サウンド・ステップスの発見

付録 はじめてわかる発音記号 サウンド・ステップス「タッチパネル」



今後はこれがサウンド・ステップスのテキストとしてつかえることになりました。

周りの人は読みやすいと言ってくれています。

右欄からアマゾンで買えます。ぜひひとつどうぞ。

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヘレン・ケラーの中指について

目、耳、口が不自由だったヘレン・ケラー(1880‐1968)が来日したとき、奈良の大仏を見物した。

説明をうけた彼女は

「なぜ大仏は右の手をあげ、中指を前に出しているのか」

とたずねた。

案内した京都大学の教授が答えられずにいると、

「盲目の人が物にさわるのはまず中指。だから大仏が衆生の様子をさぐる姿はこの形が適していますね。」

と言ったという。(小原二郎監修『インテリアの人間工学』ガイアブックス、2008年、34頁)

ところで人体には「二点識別能力」という指標がある。二本の針を間隔をおいて皮膚に押し付けたとき、二点に感じ分ける最下限の寸法のことで、触覚の敏感さを示す。

それによると、人体でもっとも敏感な部位は舌の先端で、1ミリの間隔を感じ分ける。次は指先で、5ミリあれば感じ分ける。ちなみに手の甲は31ミリ、顎や胸は54ミリとなっている。(前掲書、33頁)

仏像はふつう口を開いていないが、どれも手で感じ取ったものを口で味わっているように見えるのは私だけだろうか。

仏像というのは、ちょうどお医者さんのように患者の症状を手で感じ取り慰撫したあと、口を開いて相手にあわせた仏法を説く。そういうものなのだと思う。

それはおそらく、食べ物を手でとって口に運ぶというもっとも原初的な行為と無関係ではないのだろう。

手から口へ。

これがサウンド・ステップスの原理でもあることは言うまでもない。



| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
しゃがめない西洋人たち 身体儀礼の発見 おわり

モース(1872‐1950)という人は、デュルケーム(1858‐1917)の弟子にあたる。

その生涯は、ちょっと興味をひく。

若い研究者だったころに第一次世界大戦に従軍し、師デュルケームの一人息子や親友・同僚が前線で命を落とした。

そして第二次世界大戦。ドイツの占領下に職も住居も追われ、疲れ果てて1950年、知人の顔の見分けもつかないまま死去したという。10頁。

ふたつの世界戦争がこの社会学者に与えた痛手はどういうものだったか。

どの時代に生きるか。それを人は選ぶことができない。




(おわり)











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
しゃがめない西洋人たち 身体儀礼の発見 その4

民族学では技法と儀礼を区別する。

伝承的行為のうち、実用性のあるものを「技法」、象徴的行為を「儀礼」と呼ぶ。

たとえばオーストラリアの原住民は、狩猟の実際的な「技法」をもっているが、他方で狩猟の前に水晶のかけらを口にふくみ、呪文を唱える。典型的な「儀礼」である。

ところが、もしもこの「儀礼」によって心理的に勢いづき、狩猟がうまくいくのであれば、それは立派に実用性があることになる。7頁。

つまり「儀礼」は、角度を変えればなんらかの実用性がある。だからこそ伝承されていく。

ならば、すべての儀礼は技法でもあるとさえいえるかもしれない。

ここで、突然だが<日本人にとっての英語>という問題に話をうつしてみる。

多くの日本人にとって、英語はめったに使うことのない、その意味で実用性のない「儀礼」である。だから「英語やるのはいいけど、いったいいつ使うの?」という疑問も頭をよぎる。

しかし、「儀礼」であるからこそ、たんなる実用性を超えた意味を獲得できる。

たとえば英語ができることで自分に自信が生まれたり、美人に見えたり、知性的にみえるかもしれない。

つまり

<日本のような環境では、英語は儀礼として高い価値をもつ>

というのも真実なのだ。

英語は身体儀礼だ。

これは私にとってひとつの発見だ。




(つづく)











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
しゃがめない西洋人たち 身体儀礼の発見 その3

さて、言語も身体をつかった技法すなわち「身体技法」のひとつである。

言語の身体性は発音において明確になる。

黒川伊保子『日本語はなぜ美しいのか』(集英社新書、2007年1月)に、次のような話がある。



両手を挙げて背伸びする動作と、手を胸の前でクロスして身を縮める動作をリズミカルにくりかえしてみる。

このとき、up,down と声を出すと、やりやすいし、かっこいい動きになる。

ところが、「ウエ、シタ」といいながらやると、リズムがくずれてへっぴり腰になってくる。

そこで、「ウエ」のときには天を仰ぎ、「シタ」のときは床を踏みしめようと意識してみると、がぜん身体の動きが伸びやかになり、舞のようにエレガントになる。

「up,down の発音体感が、本人が上に発射されたり、下に沈んだりする感じを与えるのに対し、ウエ、シタの発音体感は、本人が身を低くするウエと、本人が何かの上に乗る感じがするシタであり、話者の立ち位置が逆になるのである。」81頁。

つまり、up・downとウエ・シタの違いは、「自分が世界の中心にいる感覚と、世界に対して自分を位置づける感覚」の違いである。82頁。



なるほど、言語という身体技法の文化性(言語ごとの違い)がわかる気がする話だが、これは英語のup,downが一音節であるのにたいして、日本語のウエ、シタが二音節であることと関係があるだろう。

いずれにせよ、ここで大事なのは、上記のup・downとウエ・シタの違いが誰にでも「わかる」という事実である。

洋の東西を問わず、人間でありさえすれば「共鳴」できる「発音体感」の基礎をもっている。だから違いが誰にもわかる。

その基礎とは、人間として共通にもつ「身体」である。

どの言語の発音体感でも、人間の身体をもっていれば共鳴できる。つまり言語についても、人間の文化性の基礎に文明性があり、文明性の基礎は身体にある。

言語は身体技法であり、身体技法は文化的であると同時に文明的である。





(つづく)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック