ごきげんようチャンネル


あきらけき かがみにあへば すぎにしも いまゆくすゑの こともみえけり

         大鏡


脳科学には要注意 サッカー選手の身体の仕組みは、サッカーではない

「磁力」について、次のような説明がある。

 

 

「磁力は、電荷の運動によって引き起こされる基本的なである。...よって磁性は電荷を持つ粒子運動をすればいつでも現れる。磁性は電流の中の電子の運動によって発生して電磁気と呼ばれたり、電子の量子力学的な軌道運動やスピンによって生じ、永久磁石の力の源となったりする。」(ウィキペディア「磁性」より)

 

 

誰でも知っている磁石のはたらきを、「電荷の運動」という本質においてとらえている。物質の現象を、さらに微小な物質の運動へと還元して認識している。

 

このように、物質がおこす現象の本質すなわち物性は、物質的に解明されていく。

 

 

人間や社会を対象にした学問は、こうした自然科学の着実な進歩に大きく水をあけられている。それはなぜか。

 

人間の意識(その本質は規範)と物質の物性。このふたつの区別と関係をあいまいにしているからである。

 

ヒトは、物質としての身体がなければ意識をもてない。そういう意味で、身体は意識を支えている。だが、身体と意識は、それぞれ次元がちがうものの名前である。

 

脳科学の話を聞いていると、意識をこまかく調べれば、目にみえない物質の運動が発見でき、それが意識の物質的実体であるかのようにイメージしやすい。

 

だが、意識は人間が社会的に発展させた作法による内心の活動である。意識やその表現は物質の運動が支えているにしても、意識じたいは物質ではない。意識は物質ではないからこそ、意識なのである。

 

 

「これまでのところ、交換価値を真珠やダイヤモンド [⇨脳] のなかに発見した化学者は、ひとりもいない。」(マルクス『資本論』初版(幻燈社版)、322頁)

 

 

サッカー選手の脳をいくら調べても、サッカーのルールはわからない。

 

サッカー選手の身体をいくら調べても、今日のサッカーの試合展開はわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
脳の価値は、臓器売買の対象になることである

人は、あらゆるものについて観念をもつ。

 

そして観念は生身の人が行うもので、脳のような臓器が単独で行うのではない。臓器は物質の一種であり、物質は観念をもたない。

 

臓器売買や臓器の無償提供が可能であるのは、臓器は人ではないことの反映である。

 

人体や動植物の物的組成と機能は、観念ではなく、自然レベルの話である。

 

最近、脳の各部位が人間の意識の各側面を分担していることがわかってきたが、脳科学が直接対象にしているのは、脳の化学的・物理的機構、つまり自然レベルである。脳の化学的・物理的機構を解明すれば、意識の生理的基盤がいっそうわかるようになるが、それは直接には観念の内容の研究ではない。

 

この点で示唆的なのは、人が言語を発する機構である。もともと人は、言語専用の臓器をもっていない。発話につかう肺、声道、声帯、舌、歯、唇などの臓器は、元来は人の生存に不可欠な、消化器官と呼吸器官である。人は、消化と呼吸のための器官を足場にして、これを言語という観念表現に利用しているのである。

 

考えてみれば、それも当然である。人間は、自然的には物質(生命体)の一種であり、臓器の組み合わせであり、消化し呼吸する肉体にすぎない。その肉体から観念を生もうとすれば、肉体を観念のために利用する以外に方法はない。つまり、肉体は利用されているだけであるから、いくら調べても肉体のなかに観念を発見することはできない。

 

人じたいは財になる。たとえば人がもつ身体エネルギー(労働力)が生活や職場やスポーツで発揮されるとき、人は物質的な「財」となる。財とは、人がそこから「価値」(生存、健康、快感、利便性など)という抽象的な力を得る源泉である。貨幣や商品だけでなく、健全な身体も、人の「健康」などの価値を生む「財」である。

 

他方で、臓器は人ではなく、一種の物質であるから、それじたいが労働力を発揮することはできず、「財」にはならない。しかし、たとえば商品として社会的に貨幣と交換されるなら、臓器は一種の「財」となる。

 

タイヤやエンジンや車体は、自分では走れない。部品を集めた車も、自分では走れない。車は人が乗ってはじめて走る。

 

同様に、臓器じたいが観念をもつことはない。臓器を集めた肉体も、観念をもつことはない。肉体に依存しながら、人が観念をもつのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<脳科学>はニセモノ科学である おわり
脳科学の発展は、哲学でいう「心身問題」(心と身体の関係をどう理解するかという問題)にも影響を与えているらしく、同誌に載った哲学研究者の文に、次のように書かれている。



「意識をニューロンへと変換しようとする脳神経科学の挑戦は、物理的なものの領域のいかなる変化も自然科学の合法則性に例外なくしたがっているとみなして、心的なものを物理的なものへと変換しようとする試みであり、…

つまり、『理由の空間』は『原因の空間』に還元されて、


『主体Sは理由Gにもとづいて行為Hを引き起こした』


という合理的説明も


『理由Gは行為Hを引き起こした』


といった因果的説明に取って代わられるのである。」


(加藤泰史「脳神経科学の哲学的挑戦」『世界思想』2013年春号、48頁)




いいかえると、




「意識的で合理的な主体、自由で自律的な主体という人間観は、脳神経科学の発展によって、法則的に決定された無意識的で機械的な存在という人間観へと大きく変革を迫られつつある。」(同上、48頁。ただしこの文は、信原幸弘氏の文からの引用)




もちろん、人間の精神活動が脳の(特定部位の)活動へと還元されるという脳科学の見方と、決定論的で非自律的な人間観という哲学的観点とは、次元がちがっている。

とはいえ、脳科学が現代の人間観に深いインパクトを与えていることは確かであろう。

私は、このような『唯脳論』的な思い込みは、脳科学や哲学にとってはもちろん、人類全体にとっても不幸な誤りであると思う。

項をあらためて論じてみたい。










(おわり)











| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
<脳科学>はニセモノ科学である その1
<自分>はどこにいるか。

自分の中をいくらのぞきこんでも、<自分>は見つからない。

しかし、<自分>とはひとつの<世界>なのだと思えば、辻つまがあう。

<自分>は<世界>つまり全体のことなので、いくら部分を探しても見つからないのは当然である。

しかし、近代人は、<部分>に目を奪われて、<全体>を見失う傾向があるー。

そういう話を聞いたことがある。






全体を見るセンスを失った、タダモノ主義のニセ科学。

いまや隆盛にみえる脳科学は、そういうものに堕する危険をかかえているのではないか。

最近、我が意を得た感じがしたのは、神経心理学者による、次の文である。




「今や脳科学は恐るべきテンポで進展しているが、最先端のテクノロジーをもってしても、脳状態以外の事象を扱うことはできていない。…

にもかかわらず、脳科学においては、大脳の働きを暗黙裡に心の働きと同一視し、大脳のさまざまな部位に心のさまざまな働きを割り付ける試みが続いている。」


(山鳥重「脳の働きと心の働き」『世界思想』2013年春号、44頁。ゴチックは三浦)




ここで「脳状態」というのは、ニューロンが「電気的信号を出したり出さなかったり」すること、すなわち「単純」な「電気的活動」のことである。(山鳥同上文、42頁)

現在の脳科学は、「心の働き」を「電気的活動」とみなすことで、ココロをモノに還元し、全体を部分に局限する。

これは、事の本質を見失った誤りである。








(つづく)









| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
考える胃  胃潰瘍、ヒドラ、別腹 脳科学について おわり
「脳科学」は、いまやブームを超えて「常識」になりつつある。

ところで4年ほど前のテレビ番組に、えらくおもしろいのがあった。

胃は、脳の力を借りることなく、自分を制御する完璧な仕組みをもっている。たとえば胃液を出しても自分自身は溶けないように、うまく自己制御する能力をもっているのだ。

つまり、胃は自分で「考える」能力をもっているのだから、「一種の脳」といえるという説明だった。

それに、脳がない生物だっている。たとえばヒドラという小さな生物は脳がなく、腸しかないが、立派に生きている。これは「腸が考えている」例になるのだろう。

しかし人間には脳があって、胃に対して命令できる。そのため、脳と胃が「思考」の対決を行う状態が起こる。ストレスが胃潰瘍の誘引になる原因は、脳からの不調信号によって胃が心ならずも?異常に胃液を分泌するからである。

「甘いものは別腹」というが、これも胃は一杯になっているのに、脳が甘いものを見てドーパミンを分泌せよと命令するので、胃は仕方なく、甘いものを受け入れるのだという。(以上、私のメモによると2004年1月10日のどこかの番組より。民放だったと思う

どうだ。胃だって考えるのだ。それなら、足だって手だって、自分で考えているはずだ。手を一周以上ねじったら骨折してしまうが、そうならないのは、脳が制御しているだけでなく、手自身がそうならないように制御しているからではないか。

組織のパーツは、それぞれに自律性をもち、それぞれに「考えている」のだ。それが、「生物が生きている」ということだろう。



(おわり)






| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 08:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「英語脳」より大事なもの 脳科学について その3
「脳のなかの小人問題」は、英語と深い関係がある。

「脳が情報を解読したり思考したりしている」(=脳のなかに小人がいる)とイメージすると、脳を鍛えれば英語ができるのでは?という発想になりやすい。

しかし、「脳を鍛えれば英語ができるようになる」というのは、じつは意味不明である。

言語問題を脳の問題におきかえて発想すると、「聴き流して脳を刺激すると英語がわかるようになる」とか「音楽のリズムを応用して右脳を刺激すれば効果大」とか、一見「科学的」な新メソッドが次々に作れる。

新メソッドがいけないというのではない(実際、やってみたら効果があるかもしれない)。

問題は、その説明方法にある。

人間は問題に直面すると、その根源部分をピンポイントで特定しようとする。その結果、脳を鍛えればよいと考える。むろん多くの科学は、このピンポイント手法によって発達したのであり、これは優れた方法である。

問題は、分析がピンポイントの方向だけで終わっていることにある。脳は重要ではあるが、他の器官と共同して人間の能力を調整し発達させる、ひとつの器官にすぎない。

たとえば、脳の外にある舌や喉の筋肉を鍛えないで、外国語の発音はできない。そして舌や喉は、脳をふくむ全身を調整せずに思い通り動かすことはできない。私たちは全身で生きているのであり、言語は全身の運動である。

それぞれの言語には、それぞれ独自の全身運動がある。外国語を習得するとは、その全身運動を尊重し、そのミニチュア(科学)を作り、それを全身でなぞって身につけることなのだ。

脳を直接きたえることはできない。われわれの脳のなかに小人がいて、すべてを理解したり、しゃべったりしているのでもない。

脳をふくむ全身の問題として脳科学を理解するようにしたいと思っている。



(つづく)







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「脳の中の小人」 の謎  脳科学について その2
脳科学をどう考えるか。

ブームの影響もあって、すべてが脳にコントロールされているとか、脳をどうにかすれば能力があがるとか、そんなイメージをもっている人がいるかもしれない。

たとえば、「脳のなかの小人問題」というのがある。

人間が何かを見ると、視神経によりシグナルが伝達されて、脳に伝わり、それが脳のどこかで解読されるー そんなイメージをもちがちだ。

だがそれなら、いったい「誰」がそのシグナルを解読しているのだろうか? 脳のなかに「小人」がいて、その小人が巧みに解読しているのだろうか?

かりに脳に「小人」が存在するとしよう。するとその小人は、どうやって神経のシグナルを解読しているのか? 小人の脳のなかの小人によってか? ならば、その小人の脳のなかの小人にも脳があって、そこに小人がいるのか? では、その小人はどうやって… 

こういう事態を「無限後退」といい、説明にならない説明の一種である。(この話は佐々木正人『アフォーダンス 新しい認知の理論』岩波科学ライブラリー、1994年、58−59頁に記述がある

脳を精密に調べれば、意識が生じるときの生理的な状況を知ることはできるだろう。しかし、意識の解読者が誰であるか、わかるだろうか。

意識を生む究極の物質やメカニズムが特定されたとしても、ある意識の内容が「青色が見える」なのか「海が見える」なのか特定できるだろうか。

じつはこの問題、けっこう簡単に解けると、私は思っている。

小人が脳のなかにいるなどと思うから、話がややこしくなるのだ。小人ではなく、それがビョ〜ンと大きくなって、自分と同じサイズ、つまり自分そのものだったら?

脳が情報を理解しているのではない。脳が全身をコントロールしているのでもない。われわれは全身で理解し、全身で全身をコントロールしているのだ。脳はそうした身体システムの一部である。

言葉も同じだ。脳が理解しているのではない。脳がしゃべっているのでもない。言葉を理解し、しゃべっているのは全身なのだ。言葉を習得することは全身の修練の問題なのだ。







| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
情けない科学?   脳科学について その1
脳科学がブームのようになってから、かなり時間がたった。

脳の画像が赤くなったり青くなったり。それを見ながら解説されると、思わず納得する人も多いだろう

他方では、どこか胡散臭いな…と感じる人もいるはず。

脳科学をどう受け止めるかは、なかなかの難問だが、別の分野の専門家の意見を聞いたことがあるので、紹介しよう。こういう主旨だった。

「あれは科学といっても、”情けない”科学だ。脳の一部の血流が増えるとか、ここの温度が上がるとか言っているが、その程度の方法では、脳という器官に特有の要因を探っているとは言えない。脳の研究だといえば多額の研究費がもらえるから、脳科学をやっているにすぎない人さえいる。脳にほんとうに興味があるなら、脳に特有の現象を、脳に特有の方法で解明しようとするはずだ。」

この話をしてくれたのは、生物生態学の専門家である。

たしかに、「科学」というわりには、血流が増えるとか温度が上がるとか、観測の内容はごく素朴である。

でも、「生きた人間の脳を観測するには、そういう方法しかない」と言われれば、そうかもしれないし…

私の見解は、次回に。

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
母語と第二言語の根本的な違いをブローカ野が教えている 脳科学と言語過程 その2
ブローカ野が関与する「階層化」とは、時間的に継起する事柄の「まとまり」を認識すること。

行為、言語、音楽

この三つに共通するのは、ロシアのマトリューシュカ人形のような入れ子構造である。

継起する無限の要素を「体制化」すること。つまり意味のまとまり(事柄の構造)を認識することがブローカ野の役割だという。

後天的習熟(熟練)が必要で、非効率的にしか処理できない活動ほど脳は活発に活動する。ブローカ野も同じである。

母語で話しているときはブローカ野はあまり活性化しない。第二言語を話しているときは、流暢な人でもブローカ野は活性化する。

8年とか10年とか長期間かけて自分が熟練した行為(外国語、ピアノ演奏など)を見ている/しているときに、ブローカ野は活性化するのだ。

「まとまり」のあるすべての活動にブローカ野が活性化するわけではない。母語のように完全に習熟した行為は効率的に処理できるのでブローカ野がとくに活性化することは少ない。

つまりブローカ野の研究は、母語と第二言語が根本的に異なる活動であることをわれわれに示唆しているといえるだろう。

熟練すると無意識に近い操作感があるが、母語や歩行のように完全に無意識に操作できるわけではないー。

それが外国語というものだということを、ブローカ野はわれわれに教えているようだ。




(つづく)





| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブローカ野とは何か 脳科学と言語過程 その1
先日、中部大学人文学部で脇田真清氏(京都大学霊長類研究所)の講演があった。

テーマはブローカ野の役割。

運動性言語野とされるブローカ野(大脳左半球の前頭葉にある)は、他者の行為を観察したり模倣するときに活動する。そのため、行為の目的や行為者の意図を表現する部位だと理解されている。

しかし、ブローカ野は言語や音楽といった活動にも関係する。したがって、ブローカ野はたんに他者の行為の目的や意図を表現するのではないと脇田氏はいう。

脇田氏の結論は「ブローカ野は階層化野だ」というものだ。



(つづく)




| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 脳科学はニセ科学 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック