ごきげんようチャンネル



Smile, what's the use of crying?

You'll find that life is still worthwhile

If you just smile


英語発音 ただひとつのコツ

これまで私は、英語の発音について、息と声と音の三つに分けて考えてきた。

 

英語の息は、英語で生きていることを表す。英語の声は、英語の自己、英語での人となりである。そして英語の音は、英語でのその場の意志を表す。

 

こうしていったん三つに分けて練習するのは、賢明な方法である。しかし、実際の発話では、身体要領を一つにしぼらないと言いにくい。

 

 

 

英語での発話の、たったひとつのコツとはなにか。

 

それが、このごろようやくわかってきた。

 

上半身では、後頭部に一本の「気の道」を常に確保し、下半身では、腰をしぼる。腰骨から気道、鼻腔へと、背骨に沿って一本の空気道を確保するイメージである。

 

これに対して日本語は、腰というより首をしぼるイメージで発音し、短い「」や「」によって、「気の道」が首のあたりでしょっちゅう遮断される。

 

目を閉じて、腰から鼻まで、/h/という無気音を通しつづける練習をすると良い。舌根は下方に維持し、息は口腔ではなく鼻に通すようにする。鼻先を開けるとやりやすい。全体に、鼻でいびきをするような感じになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
喉元に収束する言語・日本語

どうして日本語は、全体に「母音で割っている」ように響くか。

 

それは、すべての音の前で、短い「ん ng」を言っているからだと思う。

 

「あいうえお」だけでなく、「かきくけこ」などの音でも、われわれは無意識に、はじめに非常に短い「ん」を言っている。

 

「すっかり」のように、「ん」が言いにくい場面では、短い「つ」となる。

 

日本語は「ん」や「つ」による、喉元(あるいは首)への収縮を収束点(ホームベース)とする言語である。

 

だから、能や歌舞伎、浄瑠璃、長唄のような伝統芸能や、近代の演歌や浪曲などでは、喉元(首)を「しぼる」技術が探求された。

 

これに対して、英語は常に喉を開いておく言語で、日本語のように喉元を閉める音素は存在しない。

 

/sh/や/k/のように、喉元に近い部分をブロックする音でも、日本語とちがって声帯付近は開けておき、首から鼻に抜ける気道を確保する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
it は「イット」ではない 

<しなやかに息を出し、それをしっかりせき止める>という力の対抗関係が、英語の音の力強さやリズムをつくる。

 

それに対して日本語では、(あるいは首全体)を閉めることによって力強さを確保する傾向がある。だから日本人は喉を閉めた「っ」が得意だが、英語にそういう音素はない。

 

たとえば、it は、「エ()」に近い発音になる。()のところでは、喉を閉めるのではなく、/h/ の息を、舌先による前歯裏上のブロックで完全にせき止める。だから空気が圧縮されるが、それが破裂するとは限らず、()のようになる。

 

英語の音素 /t/ を「破裂音」と書いてある教科書が多いが、破裂することが /t/ の本質ではない。息を完全にブロックする位置が前歯裏上であることが、/k/や/p/ と区別するポイントになる。

 

日本語では、息の力もそれをブロックする力も、やや弱い。

 

英語をやるなら、息の力とブロック力を強化する voice gym が必要になる理由も、ここにある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
the を、なぜ「ザ」と読むのか

日本では、the を「ザ」と読む習慣?があるが、なぜ「ザ」なのか。

 

the のつづりを見ても「ザ」と読む理由がよくわからない。

 

the の発音が、日本人には「ザ」に近いように聞こえたので、明治時代に「ザ」とカナづけしたのが始まりかもしれない。

 

あるいは、「ダ」だと、断定の「だ」を思い起こしやすいので、無意識にこれを避けたのかもしれない。

 

もうひとつ、考えられる理由は、もともと日本語は、息の流れも、それをせき止める舌や唇のパワーも、やや弱いことである。日本語の感覚だと、「ダ」よりも「ザ」のほうが柔らかで、弱い力でも言いやすいかもしれない。

 

いずれにせよ、私は the を「ザ」と読まないよう、学生に注意している。むしろ「ダ」のように言うことを勧めている。

 

国際放送を聞くと、いろいろなタイプの英語が聞けるが、英米系はもちろん、中東系にせよインド系にせよ、英語ネイティブが the を「ザ」のように発音しているのは、あまり聞いたことがないように思う。少し調べてみたが、そもそも英語には、「ザ」に近い /za/ という音が入った単語は、存在しないようである。

 

つまり、「ザ」は、英語としては奇妙な音である。

 

the を「ザ」と読むのは、良い習慣ではない。英語をやりたい人は気をつけると良いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
無意識の「ウ」発見! 英語発音の隠れた難関

英語の発音練習でやっかいな問題として、日本語の「」のような音が無意識のうちに入りこむという現象がある。

 

チャップリンの名曲 "Smile" を、マイケル・ジャクソンの歌を手本にして学生に暗唱させたところ、どうも発音が不安な部分があった。

 

"if" とか "life" のような/f/ で終わる語の末尾で、「」のような母音系の音がたびたび聞こえるのである。

 

これは、日本語の「フ」の影響かと思い、学生の唇が丸くなっていないか確認したが、意外にも、そういうことはない。英語の /f/ の口形ができている。

 

それなのになぜ、余計な「」音が入っているように聞こえるのか。

 

そこで、よく聴いてみると、学生の発音では、同じ歌詞の中の"crying" とか "trying" の部分でも、冒頭の/k/や/t/ の音のあとに、わずかに「」のような音が入り、「ク」「ト」といった感じに聞こえる。そしてこうした部分でも、唇が丸くなっている様子はない。

 

推測するに、 /f/ /k/ /t/ のような無声音のあとで、唇を丸めないまま、口内で「」のような有声音を無意識に出しているのではないか。

 

外国語の発音では、「母語の介入」がよく問題にされる。<無意識の「ウ」>は、母語の介入が無意識のうちに続く代表例になりそうだ。

 

おそらく、この無意識の「ウ」の介入に学生自身が気づくことが、問題解決の第一歩だろう。そして、私が「英語の息」と呼んでいる、/h/ 系の無声音を出す力を強化し、口内で調音点をせき止める力も強化すれば、<無意識の「ウ」>は、次第に消滅するのではないか。そうすれば、リズムを崩す母音が減り、英語の爽やかなスピード感も強化できるだろう。

 

 

 

 

追記: あとで思ったのだが、ここで指摘した「」は、日本語がホームベースにしている「ん ng」や「」という喉元(首)を閉める音が、あいまい化した音なのかもしれない。非常に短い音で、首を十分閉める余裕がないので、「ん ng」や「」が「」のように聞こえるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の筋トレ イングリッシュ・ジム | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
弁証法から連関の論理へ

長く「弁証法」と呼ばれてきた、存在と思考の作法がある。

 

私はそれを「連関の論理」と呼んでいる。マルクスは、弁証法に代わる「連関の論理」を資本論の価値形態論で示したのだと、私は解釈している。

 

以下は、私がかつて書いた文章だが、この中の「弁証法」は「連関の論理」と読み替え、「関係」は「連関」と読み替えることができる。

 

連関には、実体(主体)による対象(客体)への投射(物理的接触や意識による対象化)、転体をつくるための転態、そして転体による主体への反射という三つの局面があり、これら三つの局面は、それぞれ固有のルール(人間なら規範、生物なら習性、物質なら物性)にもとづいて行われる。

 

実体は、内部に属性を潜在させた矛盾体であるから、何かに投射することで、その矛盾を実現し解決する形態を作ろうとする。これが連関が起こる原因である。投射は、主体自身を客体(対象)にすることができる。ルールに十分したがわない場合は、連関が不正常になり、挫折や崩壊が起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

マルクスはクーゲルマン宛ての書簡のなかで、「弁証法的な方法」とは「素材を扱う方法」のことであり、これがあれば「素材のなかをのびのびと動く」ことができると述べている。(『マルクス・エンゲルス書簡選集 中』新日本出版社、2012年、75頁)

 

素材のなかをのびのびと動く!

 

それには、どうすればいいか。

 

この問題と関連のある記述が、三浦つとむの文章のなかにあった。

 

 

 

「認識内容は、認識の対象それ自体ではなく、それ[対象]から媒介された関係をさす」(三浦つとむ『言語過程説の展開』勁草書房、1983年、339頁)

 

 

 

同じ段落に、

 

 

 

「[言語の]内容とか意味とかいわれるものは、音声や文字のかたちにむすびついている関係それ自体として存在している」338頁

 

 

 

という言葉もある。

 

このように、三浦つとむは言語の内容・意味とは「関係」であると論じている。

 

「関係」というのは、上記の引用にある「媒介されたもの」という対象の把握の仕方のことである。「関係」は、「認識それ自体は内容ではなく、内容を形成する実体なのである」338頁 といった場合の「実体」と対比されるものである。

 

 

言語は、

 

<対象→認識→表現>

 

という構造を話し手が創造する。

 

ここで「対象」「認識」「表現」はそれぞれ実体であるが、実体だけを考えていると、「→」の部分が視野から抜け落ちる。

 

「→」すなわち関係を視野に入れること。

 

弁証法とは、実体とみえるものを「関係」のなかにあるものとして、しかも二つ以上のものの間の矛盾としてとらえることである。

 

自然でも社会でも人間でも、矛盾は、それが絶えず実現することによって解決される形態を創造する。

 

生殖も労働も言語も、矛盾が実現し、同時に解決される運動形態である。

 

この運動形態にある対象を、静的で固定的なものとみなして当面認識しやすくした概念が、「実体」である。

 

「実体」とみえるものを絶えず矛盾の運動形態すなわち「関係」へと解きほぐしていく認識の作法。それが弁証法である。

 

 

 

人間活動における「関係」は、「反映」すなわち模像の創造という主体的活動を含んでいる。認識を介した模像の創造=「反映」のプロセスにおいて、対象と模像のズレが絶えず生まれる。

 

次の言葉は大胆だが、おもしろい。

 

 

 

「マルクスが生涯かけて闘った相手は実体であった。…実体としての国家、実体としての自己意識、実体としての人間、実体としての貨幣、実体としての資本、実体としての共産主義、等々。」(的場昭弘ほか編著『新マルクス学事典』弘文堂、2000年、90頁)

 

 

 

それでは、マルクスは実体にかえて何を求めたかというと、それは「実体論に対する関係論の立場」であったという。(同上書、91頁)

 

弁証法的思考の要諦は、実体を、矛盾した二つ以上のものの絶えず変化する関係の構造としてとらえることにあるといえそうだ。

 

いわば、

 

 

 

実体矛盾=関係

 

 

 

のような割り算が成り立っている。

 

実体は矛盾によって解体され、関係として認識されたときに発展の相において把握されたことになる。

 

そして人間活動の場合、上記のように関係=反映のプロセスで誤謬が入る余地があるから、関係は真理と誤謬の統一となる。

 

そして、真理は誤謬を媒介として深化する。ゆえに誤謬は真理への重要なヒントにできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 哲学は終わった | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
外国語の「自己」がある! 

同じ根からいくつもの茎が出るように、人はいくつもの自己がもてる。

 

自分=身体+意識

 

身体はひとつだが、意識は多様。

 

自己とは、自分の意識を労働対象とする労働力であり、社会的平均的な能力を基盤として成長する能力である。

 

 

長男としての自己、乗客としての自己、住民としての自己、課長としての自己...

 

 

そして、私たちは「外国語を話す自己」を成長させることもできる。

 

自己の能力の中核は、概念を操作する能力である。

 

外国語の概念に導かれて、外国語の自己は成長する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の文法 トランス・グラマー | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
死を超えるジャパンメソッド・武士道(7/7 おわり)

■もはや武士道に代わる日本独自の倫理は生まれない。

今や世界を覆う価値は、人権、平和、民主主義、自然との共存である。日本社会の独自性は、これらの世界共通価値を実現し、反発し、洗練させる仕方において表現されるであろう。

しかし、個人の倫理として武士道を思うのは、自由である。

現代の私たちにとって、武士道が発見した生と死の対立を超える方法、すなわち<死へのいでたちとしての戦闘と日常生活>というメソッドは、個人の倫理として価値があるのではないだろうか。

 


もしいま私が死んだら、清廉な姿であろうか。自分の理想のために死んだ姿といえるだろうか。

 


この問いを常に自分に問い、部屋もファッションも家族も仕事も身ぎれいに維持する。それなら、かなりの人にとって実行可能である。

死は誰にも来る。そこに焦点をあて、死にふさわしい瞬間を続けることで誰もが自分の生に満足できる。

武士道は、死というマイナスを生の充実というプラスに変えるメソッドである。

 

 

 

 

 

 

(おわり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         美濃 白山山系に初雪  2017年11月22日

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
死を超えるジャパンメソッド・武士道(6/7)

■明治維新から明治へ

 


「明治維新の変革をなしとげたものは何であったか。封建社会の矛盾を最も鋭く感じとったのは、武士的な純粋さであったと言ってもよいのではないだろうか。」132頁。

 


たしかに、維新の志士たちの情熱が「武士的な純粋さ」と無縁であったとは考えにくい。

奈良本氏は、明治の世になってからも、内村鑑三のような旧武士階級出身者だけでなく、自由民権派や幸徳秋水のような社会主義者でさえ、偽善を憎み清廉を尊ぶ武士道の戦闘精神を背景にしていただろうという。134ー136頁。

では、近代日本において、武士道に代わる新しい倫理は形成されなかったのか。


 

 

■近代から現代へ

明治に入り、武士道に代わる新しい倫理として登場したのは、西洋流の影響を受けた人権思想や「独立自尊」といった価値であった。

こうした新価値を主唱したチャンピオンは、福沢諭吉であった。

 



「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり」(学問のすすめ)
 

 


当時『学問のすすめ』は、文字の読める人ならほとんどが読んだといわれ、62万部の大ベストセラーなった。君臣の序を強調する儒教的な武士道からみれば、これは対極的な議論である。

しかし奈良本氏は、こうした新価値は「ある程度の共感を得ながらも、広く国民のなかに定着するほどの力をもたない」という。134頁。

その原因は、人権や独立自尊といっても、それは文字のかたちで輸入された価値であり、武士道のように長く苦しい体験のなかから日本列島で自生したものではなかったからである。134頁。

氏は、近代以降、今日までの日本は、ついに自生の新思想を生まなかったと考える。

 

 


「平和とか民主主義とかいう理想の下にすべてが硬直化してしまっているのである。

[現代とは]地から湧いたのではなくて天上から降りてきた道徳が人々をその網におさめてしまったような時代であった。


戦国のきびしい武士の生き方を思う者にとってはそれは耐え難い時代であった。そこには教えられて受身に生きる生活はあるが、主体的に生きる人間の情熱がないのだ。」151ー152頁。
 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
死を超えるジャパンメソッド・武士道(5/7)

■戦国から全国統一にいたる時代の日本をみたヨーロッパ人は、
 

 


「アジアにきてはじめてヨーロッパ人に比肩しうる民族を発見した。彼らは異教(仏教)を信じており、これと対抗してキリスト教を広めるには、これまでの宣教師ではとても太刀打ちできない。本国でも優れた宣教師を、こちらに送れ。」59頁。
 

 


と書き送っている。

世界史をみると、このころヨーロッパ勢力の進出によって一体的世界が成立した。

しかし、アメリカ大陸やアフリカ大陸に代表される西や南の世界と、アジアという東の世界では、根本的な違いがあった。

アメリカやアフリカには広大な帝国が存在したが、ヨーロッパ勢力がいったん王権を破壊すれば、あとは殺戮と略奪をほしいままにできた。

ところがアジアでは、各地に強力な王朝と高度な文化(仏教はそのひとつ)が存在し、ヨーロッパ勢力との力の差はそれほど大きくなかった。たとえばオスマン・トルコ、ムガル帝国、明、ベトナム、朝鮮、日本である。

当時の日本で、全国統一政権を作る力をもっていたのは武士階級のみであったが、もしも日本に戦国時代すなわち武家による統一政権への激しい陣痛がなかったら、ヨーロッパ勢力は小さな地方政権が分立する日本列島を訪れただろう。そのとき、双方はどういう行動に出ただろうか。

戦国期における武士の存在は、明治維新と同様、日本列島におけるヨーロッパ勢力との出会いにおいて、決定的な役割を果たしたのかもしれない。
 

 

 

 

■江戸時代

全国支配を確立した徳川政権は、「馬上天下を取るも、馬上天下を治むるべからず」の不文律にしたがい、武士道に「文」の背骨を埋め込もうとした。

それが儒教であり、とりわけ朱子学であった。朱子学は、合理的観念論による森羅万象の説明という性格をもっていた。これにあきたりない心情から、陽明学や古学のような対抗理論も登場した。

しかし総じて江戸時代には、「儒教道徳によって衣装をつけられた武士道に代わる新しい理念が生まれなかった」131頁。

武士道に代わる理念を、近世の日本はついに生むことはなかった。心学も国学も、儒教を根本的に否定するには到らなかった。
 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 三浦 陽一 (みうら・よういち) | 希望の歴史 トランス・ヒストリー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
#誰が書いてるの?
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
-->
#新しい記事
#過去の記事
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
#著書/共著
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
#著書/共著
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人
敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人 (JUGEMレビュー »)
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 田代 泰子, 高杉 忠明
#コメント
#トラックバック